ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もう煙なんて気にならない!ゴールドマン・サックスも注目するお洒落アイテム「VAPE」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近、英米のメディアを中心にやたらと目にする「VAPE」。新しい電子タバコのことだが、その盛り上がり具合が半端じゃない! 軽く調べてみただけでも、下記のような記事やレポートがわんさか出てくる。

「アメリカ海軍空母ジョージ・ワシントンに、電子タバコ専用スペースが登場」(whichecigarette.com)

「世界初!イギリスのロンドンヒースロー空港にVAPEを楽しむための部屋が設置された」(International Business Times)

「2014年、イギリスのスーパーマーケットで、バランス栄養食品と並んで、電子タバコの売上が150%もUP!」(VAPOR VOICE)

ざっとめぼしいところだけでも、こんな感じ。ただただ売れているだけでなく、専用のスペースができるなど、社会的にも認知されてきている様子が伺える。

あのゴールドマン・サックスも注目!

なかでも注目は、米投資銀行ゴールドマン・サックスが今後成長が見込める8つの業界のうちのひとつとして電子タバコを挙げたこと。この発表自体は2013年のものだが、投資市場から一般消費者の間で流行するまでの時間差を考えると、まさに今、VAPEが話題となっているのも納得できる。

なぜ、それほどVAPEが注目されるのか?
その答えは一般的なタバコとVAPEの違いにある。タバコには煙がつきものだが、VAPEは「VAPOR」と呼ばれる水蒸気を出すのみ。においも少なく、火を使わないので、灰も出ないというメリットも人気の秘密だ。

また、VAPEは喫煙具の種類も抱負で、デザイン的にもスタイリッシュなものが多く、ファッションアイテムとしても「イケてる」というポジションを獲得しているのが大きい。

「あのレディー・ガガも!」セレブも愛用する、電子タバコ「VAPE」がお洒落!

煙の出ない「VAPE」は
日本の家庭にもピッタリ!

一方、日本におけるVAPE愛用者は、まだまだ一部の感度の高いファッションピープルが中心のよう。でも、煙ではなくVAPOR(水蒸気)を排出するVAPEは、じつは一般家庭でこそ活躍しそうなアイテム。
例えば家庭における喫煙者は、換気扇の下やベランダでリラックスタイムを過ごすのが当たり前。それがVAPEなら、ひとつ屋根の下で喫煙者と非喫煙者がお互いを気遣うことなく暮らせるはずだ。
リビングで堂々とVAPEを味わうお父さんーー匂いもないし、ちょっとお洒落な雰囲気すら漂う光景だ。

関連記事リンク(外部サイト)

欧米の洒落者たちが愛用する「VAPE」&「VAPOR」ってナンダ?
カンボジア繊維工場への社会科見学。ノルウェーの少女たちが涙した、そのワケとは?
女子はココを見てる!男子がファッションに気をつけるべき「16のポイント」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP