ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本の伝統技能、左官の技術で作った「珪藻土の時計」がとても美しい!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本の古くからの伝統技能である左官。土という素材の特性を生かしその土地にあった土を利用したり、コテを使った技術は芸術の域にまで達しているとも言われます。

そんな伝統技能、左官の技能で作り上げられ素材には珪藻土(けいそうど)を利用した時計が今回紹介する「珪藻土の時計」です。

珪藻土とは珪藻という植物性プランクトン(藻)の死骸が海底や湖底で化石化して堆積してしてできた粘土状の泥土のことで、吸水性、保湿性、消臭性などの機能をもった土なのだそう。そんな素材を時計の文字盤に利用したんです。

珪藻土の質感と左官の技術によって表面はやわらかなデザインでとってもなめらか。一見質感はラムネや落雁のようでとっても美味しそう。

文字盤の型に珪藻土を流し込み、金沢の左官職人さんが左官ゴテで一つ一つ平に仕上げられているんです。伝統技術を利用していても文字盤の美しさから、まったく堅苦しさを感じさせないどんなお部屋にもあいそうなステキなデザインに仕上がっていますね。

珪藻土の時計 – works | 能登デザイン室

関連記事リンク(外部サイト)

「折りのデザイン」が実に美しいオリガミ・クロック
和風なジュラルミン製iPhoneケース「薄金 for iPhone5/5s 成願コラボ」
なんと善光寺の鬼瓦で犬小屋を作ってしまいました!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP