ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新生活の引っ越しを格安SIMで乗り切る方法&注意点

DATE:
  • ガジェット通信を≫

春は、出会いと別れのシーズン。
心機一転、引っ越しをして新天地で頑張る方も増えるのではないでしょうか。
引っ越しは、時間も体力もお金もかかり、なかなか大変なイベントです。

今回は、新生活の負担を少しでも減らすべく、格安SIMサービスを賢くお得に使う方法をいくつかご紹介します。

色々な連絡は料金が安い050 Plusで乗り切る
引っ越しでは、引っ越し業者や行政機関、不動産屋など、電話でのやり取りがいつもより増えがち。そうしたときに通話料金が節約できるのがIP電話サービス、050 Plusです

050 Plusは月額324円で050で始まる11桁番号が付与され、IP通話サービスが使える様になるサービス。
通話料は050 Plus・IP電話への発信は無料、固定電話への発信は3分8.64円、携帯電話・PHSへの発信は1分17.28円です。

OCN モバイルOneの音声プランに代表される格安SIMの通話料はほとんどが30秒21.6円です。

業者さんとのやりとりの通話を050 Plusに変えるだけで、料金の節約が可能です。
もちろん引越し時以外にも、通話料金が気になるときは050 Plusを使うなど、090、080番号と使い分けるのもおすすめです。

 

オプション
料金固定電話への
通話料金固定電話へ
10回かけた
場合の料金
通常通話 なし 21.6円/30秒 216円/
1分×10回
050 Plus 324円/月 8.64円/3分 86.4円/
1分×10回

また、携帯電話番号を教えることに抵抗がある方も多いはず。そういった場合もサブの電話番号としても050番号は便利です。

なお、月額料金324円は現在申し込むと2ヶ月間無料です。
ちなみに、OCN モバイル Oneの音声SIM契約の場合、050 Plus を基本料金無料で使うことができます。

自宅のインターネット回線はどうする?
格安SIMはモバイル通信の使用量・速度に制限がかかるものが多く、動画視聴などヘビーに使う場合は、自宅の固定光回線からWi-Fi接続することをオススメします。

NTT東西の光回線の卸売が始まった影響で、格安SIM会社も提携プロバイダとのセット割引などをスタートさせています。

例:IIJmioひかり
固定回線(マンション・集合住宅向け) 4,277円+データ通信専用SIM(ミニマムスタートプラン) 972円-mio割 810円=4,439円

割引額を見ると、大手キャリアと比べると少し物足りなく感じるかもしれませんが、格安SIMの場合は割引前の料金がそもそも安いので、ぜひトータルコストで検討してみてください。

ただし、光回線は申込を行ってから開通・工事まで結構な時間がかかる場合があります。
その場合はモバイル回線でどうにか頑張るしかないと思いますが、通信量・速度に制限がある場合だと厳しいかもしれません。
近所のWi-Fiが使えるカフェなどを新規開拓も兼ねてリサーチしておくことをおすすめします。

まとめ《割り切りながら、色んなサービスを組み合わせよう》
引っ越しは、日常生活とは違うイレギュラーの連続。
格安SIMで無理に乗り切るよりも、050 Plusや、近所のカフェでWi-Fi接続を利用したりするなど、様々なサービスを上手に組み合わせて賢く乗り切りましょう。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。