ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3Dプリンター×食!?育てて食べる未来のカジュアルフードとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近はデザインだけでなく、建築や医療などへも領域を広げている3Dプリンターが、私たちの食にも革命をもたらすかもしれない。

ドイツのデザイナー、Chloe Rutzerveldさんが発表した「Edible Growth」は、3Dプリンターで未来の食を作るプロジェクト。

植物の種などを含んだパンのような生地を使い、鉢の代わりとなる土台を3Dプリンターで製作。

数日後、上部の小さな穴からキノコや野菜が出てきたら食べ頃だ。

Chloeさんは、「こうした研究所やラボなどで作られる食べ物は美味しくないし、健康的でもないというイメージがあるかもしれない。でも“Edible Growth”は自然で美味しく栄養価も高いうえに、デザイン的にも優れていると思う」と話す。

この技術が一般的になれば、まさにガーデニングのような感覚で、自宅で好きなキノコ類や野菜を作ることができそうだ。

Edible Growth
http://www.chloerutzerveld.com/#/edible-growth-2014/

3Dプリンター(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP