ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2015年1月の米国スマートフォン市場、Androidは53.2%でトップを維持(comScore調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国の調査会社 comScore が 2015 年 1 日までの 3 か月間にわたる米国のスマートフォン市場の統計データを発表しました。Android のシェアは 53.2 % でトップを維持していました。同社の統計データによると、この期間で米国のスマートフォン利用者数は 1 億 8400 万人に増加。2014 年 10 月までの 3 か月間から 4% 増加し、スマートフォン率も 75.8% に上昇しました。Android のシェアは 53.2% のトップでしたが、メーカー別シェアでは Apple が単独で 41.3% を記録しダントツ。2 位の Samsung は横ばいの 29.3%、3 位の LG は 0.6% 増の 8.0%、4 位の Motorola は横ばいの 5.2%、5 位の HTC は 0.3% 減の 3.8% でした。Source : comScore


(juggly.cn)記事関連リンク
Verizon版Nexus 6が3月12日にAndroid 5.1を搭載して発売されることが流出資料で確認される
Galaxy S6 / S6 edgeのカメラ機能を動画でチェック
GarminとNikeがフィットネス分野で提携、Nike+ RunningでGarmin Connectのデータ閲覧が可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。