体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「みんなと同じである必要はない」 バベルの学校から考えよう

スクリーンショット 2015-03-06 14.45.29

Photo credit: 『バベルの学校

TRiPORTライターのレティです。

皆さんは「バベルの塔」の話をご存知ですか? 旧約清書の「創世記」によると、 もともと地球上のすべて人々は、同じ言語を話して、ひとつの民族だったそうです。人々は自らの団結力を高めるために、「天国への階段(塔)を築きはじめました。しかし、神(エホバ)にとっては人間の団結力が脅威でした。そこで、人間が「単一民族」で「単一の言葉」を話しているからそのような状況になったと考え、 地上を混乱させるために、人間が使う言葉をそれぞれ分け、お互い通じないようにしました。それによって人々は、お互いに理解することができなくなり、世界は分裂していきました。

世界が多民族・他言語である事実をマイナス面から見るのならば、この「バベルの塔」の話はぴったりでしょう。しかし、違う視点から考えてみると、「文化や言語が異なるからこそ豊かな出会いが生まれる」ということも言えます。

というわけで、今回は「違いの素晴らしさ」を教えてくれる映画『バベルの学校』を紹介します。

『バベルの学校』(2013年)

アイルランド、セネガル、ブラジル、モロッコ、中国など、11~15歳の子供たちが世界中からパリにある中学校へやってきました。家庭的な事情でやってきた子供もいれば、つらい母国の生活から逃れてきた、あるいはもっと良い生活を求めて移民してきた子供もいます。

バベルの学校』の主人公である24人の移民生徒は、フランス語の集中トレーニングを受けることができる「適応クラス」に通いながら、他の教科も学んでいます。国籍も宗教も違うこの24人の子供たちは、ブリジット・セルヴォニ先生に見守られながら、新しい生活を始め、さまざまな壁を乗り越えていきます。『バベルの学校』は異国の地フランスで、葛藤を抱きながら友情を育んでいく子供たちのたくましさを教えてくれる映画です。

babel 1

Photo credit: 『バベルの学校

適応クラスとは?

1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会