体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【地球の果ての風景】写真家が、パタゴニアを8000kmに渡り旅をしうつした写真がすごい

pataargentichili-top

旅人なら誰もが一度は憧れたことがあるだろう地「パタゴニア」。一方で、それって国?どこ?という方も多く、日本人にとってはあまり馴染みのないところかもしれない。

パタゴニアは、南米大陸の最も南に位置する地域のこと。アルゼンチンとチリにまたがっている。日本との時差はちょうど12時間で、まさに地球の裏側といったところだが、日本から訪れるバックパッカーも少なくない。

南極大陸までほんの1000キロ程度に位置し、世界有数の極地としても知られる。厳しくも豊かな大自然が最大の魅力だ。

30日間で8000キロ
パタゴニアを旅した記録

ポーランドの旅写真家・Jakub Polomskiは、丸1か月かけて、パタゴニアを旅した。その距離およそ8000キロ。彼は壮大な自然を前にシャッターを切り続けた。

4a95b87acf55f64984df02c8c2fdd135

息をのむほどに美しい景色たちをご覧頂こう。

ペリト・モレノ氷河
(アルゼンチン)

有名な観光名所の一つ。氷河の巨大さと神秘的なブルーに心奪われる。

Image40__880

フィッツロイ山
(アルゼンチン)

アウトドアメーカー・パタゴニア社ロゴでおなじみの有名な山。

Image33__880 Image35__880 Image36__880

バリローチェ
(アルゼンチン)

湖に面し、南米のスイスとも称される美しい街。南米地域のリゾート地としても人気が高い。

Image15__880 Image12__880 Image16__880 Image17__880

青の塔/パイネ国立公園
(チリ)

風化しつつある火成岩が連なり、荒涼とした光景が広がる。まさに最果ての地であると体感させられる。

Image46__880 Image49__880 Image48__880
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。