ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

歴代女子アナ人気大調査 「アナウンス力1位」には安藤優子

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本でテレビ放送が始まった1953年から60年超、数多くの女性アナウンサーがテレビ画面を彩ってきた。長い歴史の中で、最も輝いた女子アナは一体誰か。本誌は20代以上の男性500人にインターネット調査を実施(※)。「アナウンス力」で1位に輝いたのは誰だったのか?

【※/世代間の偏りを極力なくすため、20代、30代、40代、50代、60代以上の男性それぞれ100人ずつ、合計500人を対象にインターネット調査を行なった】

 誰もが羨む美貌を持つ女子アナは多いが、職業柄最も重要なのはアナウンス力だ。視聴者が「聞きやすい」ことが何より重要だと考えれば、この評価の意味は大きい。

 1位は安藤優子(56・フリー)。「落ち着きがあって聞き取りやすい」(50代男性)と本職の局アナたちを抑えての栄冠となった。安藤に肉薄したのは、2位・加藤綾子(29・フジ)、3位・高島彩(36・元フジ)という、近年のフジの2大人気アナだった。

「ルックスや親しみやすさばかり話題になるが、実はベテランアナから“アナウンス力は一級品”と評価されている。スタジオを仕切る巧さもバツグン」(フジのディレクター)という。

 4位からは、やはりというべきかNHK出身者が多数を占めた。懐かしい名前は加賀美幸子(74・元NHK)だ。1963年のNHK入局以来、「朗読の加賀美」としてその名を轟かせた。

※週刊ポスト2015年3月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
フジ西山喜久恵アナ 酒席で仕事の話一切せず後輩から大好評
人気アナ調査 フジ森本さやか、テレ東森本智子は幹部ウケ◎
フジ若手アナ 寿退社の本田朋子を慕うも平井理央の話は出ず

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP