ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

たけし提言「選挙権をやるなら、18歳に少年法はいらねェよ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 冬の冷たい河川敷で命を落とした13歳少年のニュースは日本中に暗い影を落とした。3月9日発売の週刊ポスト(3月20日号)でビートたけし氏が、神奈川県川崎市で上村遼太君が殺された事件や最近の少年犯罪、さらに選挙権を18歳以上にする議論について言及している。

 少年犯罪という深刻な問題と向き合うとき、表層ばかりの議論やキレイゴトに意味はない。常に「本音」で社会の虚妄を切り裂いてきたたけし氏は、「選挙権をやるなら、18歳に少年法はいらねェよ」と題した記事のなかで、「凶悪な犯罪者」を年齢で区別することが本当に「文化的」なのか、ニッポン人は考え直したほうがいいんじゃないか、と提言している。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
酒鬼薔薇事件以降増えた「普通の少年」の犯罪防ぐ策に迫った書
ビートたけし 東国原氏の維新の会離党を4か月前に「予言」
奥田英朗の最新作は中学内でのいじめ死亡事件がテーマの作品

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP