ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【最凶】世界最高峰のクソゲー『チーターマン』が日本で大ブーム! 開発者「過去のことは忘れたい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

皆さんは、世界最高峰のクソゲー(つまらないゲーム)といわれている『チーターマン』をご存知だろうか? アクティブエンタープライゼスが開発したファミコンゲームで、メガドライブ版も開発されている。

・大量の『チーターマン2』が倉庫に眠る
あまりにもクソゲーすぎて会社の経営が傾き、最終的に倒産。続編は店頭に並ぶことなくお蔵入り。大量の『チーターマン2』が倉庫に眠っていたところ、バイヤーが1本1ドルで買い付け、マニアを中心にプレミア価格がついて世界に広まったのだ。クソゲーなのにプレミア価格!

・ゲームファンが『チーターマン』に熱狂
数年後、『チーターマン』シリーズが日本の動画共有サイト『ニコニコ動画』で大ブレイク。多くのゲームファンが『チーターマン』に熱狂したのだ! どれくらいヤバいゲームなのか? 『チーターマン』のクソゲーっぷりをまとめてみた。

・チーターマンにまつわる伝説
ミニゲーム集『Action52』の中の1ゲームとして収録
クソゲーなのにコミックスの小冊子が付属している徹底っぷり
コミックスを読むとチーターマン出生の秘密がわかるがクソゲーなので誰も興味を持たない
交換音が鳴るとバックミュージックが一時的に止まる
バグがひどすぎてクリア不可能になる
チーターマンには長男アポロ、次男ヘラクレス、三男アリエスの3人がいる
バグで三男アリエスはプレイ不可能
『チーターマン』があまりにもクソゲーすぎて会社の経営が傾く
『チーターマン2』の発売前に会社が倒産する
どちらにしても『チーターマン2』はクソゲー
1997年にバイヤーが倉庫に眠っていた『チーターマン2』1500本を1本1ドルで買い取る
なぜかマニアに注目されクソゲーなのに1本70ドルで取引される
2007年に『ニコニコ動画』で注目されクソゲーなのに大ブレイク
ドワンゴが開発者に問い合わせたところ「過去のことは忘れたい」と言われてコラボレーション断念

・正規の販売ルートで入手不可能
日本で大ブレイクした『チーターマン』シリーズだが、日本で発売されていないため、正規の販売ルートで入手することは不可能。ちなみに、日本では『チーターマン』と呼ばれているが、正式には『チーターメン』である。

詳細を読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/03/08/cheetahmen/





詳細を読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/03/08/cheetahmen/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP