ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

20代だからこそ、もっと自分勝手に生きておくべき「5つの理由」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

やりたいことはある。だけど、周りの意見を聞いて色々考えていたら、実は何も進んでない・・・。そんなあなたは、もしかしたらもう少し自分勝手に生きた方がいいのかも知れません。ここでは、20代のうちだからこそ、自分勝手に生きておくべき5つの理由を紹介します。

 01.
「自分で考えて行動する」
習慣を身につけるため

「自分勝手」と言うと少し乱暴かも知れませんが、自分の考えを持ち、尊重することはとても大切なこと。自分の頭で考えて、一番いい方法を選択するっていう習慣を身につけるためには、素直に生きるという言葉よりも少し強い意識で生活してみた方がいいのかもしれません。

02.
本当に気の合う仲間と
出会うため

自分の頭で考えずにただただ誰かの言う通りに生きていれば、自分の意思とは全く違う価値観を持った人々が周りに集まるようになります。本当に自分と同じ感性や考え方を持った仲間と出会うためには、自分の思った通りのやり方で行動して見せなければならないでのはないでしょうか。

03.
他人の生き方を尊重できる
感性を養うため

好きなことに本気でぶつかった経験があれば、同じように本気で何かにぶつかっていく人の気持ちを理解できるようになります。どうサポートすれば、邪魔をせずにプラスになれるのか。それを知るためには、まずは自分勝手と言われるくらい本気で何かにぶつかってみることも大切です。

04.
周りの意見に振りまわされて
無駄な時間を過ごさないため

世の中には人の数だけ意見があり、その全てに意味があります。だからこそ、その全てを尊重しようと努力するのですが、周りに気をとられすぎて目の前のことが何も進まなくなってしまうことも沢山あります。そんなときは、自分の判断でとにかく行動してみること。例えそれが失敗だったとしても、何もしないよりは見えてくるものがきっとあります。

05.
自分自身のことを
もっと良く知るため

自分の思った通りの行動をしてみないことには、それがどんな結果を招くのかもわからないままです。どれだけ突っ走って、頑張ってみて、どんなことが起こるのか。他人の要求ばかりに従っていてはなかなか見えづらくなってしまいがち。

 

自分の判断がどんな時に上手く作用するのか、他の誰かに任せた方が良い場面なのか、そういったボーダーラインを一つ一つ確かめていくためにも、20代のうちから色々な「自分勝手」を試行錯誤してみることは、貴重な人生経験として財産になっていくはずです。

関連記事リンク(外部サイト)

【学校では教えてくれない】お金の使い方を学ぶための「12のリスト」
【今すぐ実践!】前向きな人生を歩むために大切な「10のルール」
「人生に台本はない。その一瞬を生きろ!」Twitter創業者が、卒業式で語った熱いスピーチ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP