ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

累計30万枚突破の8000円超高級マスク PM2.5も通さない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 本格的な花粉シーズン到来を前に、画期的なマスクが今話題を呼んでいる。それが、『Pittarich(ピッタリッチ)』だ。

 発売元の「株式会社くればぁ」は、もともと水を濾過する機械に取り付けるメッシュを作っていた会社で、そのノウハウを生かして12年前からマスク作りに着手したが、値段が約8000円と超高価のため、長年ほとんど売れなかったという悲しい過去を持つ。

 しかし、3年前に風向きが変わった。同社の開発担当者の中河原毅氏が語る。

「中国から飛来するPM2.5が問題視され始めたことで、口コミで徐々に人気が出てきて、昨年はついに累計販売数が30万枚を超えたんです。

 弊社のマスクはPM2.5よりさらに小さい0.1ナノメートルの微粒子も通さず、それでいて、呼吸のたびにマスクと口の間に空気の層を作るので、息苦しさがありません。お値段は既製品で7980円と高価ですが、洗って何度でも再利用できますし、100回洗ってからでも効果がまったく落ちないという検査結果も出ているので、決して割高ではないと思います」

 さらにこのマスク、その人の鼻の大きさや高さ、顔の形に合わせてオーダーメイドも可能(初回9980円、2枚目以降は7980円)。

「マスクと顔の隙間が大きいと、予防効果はほとんどないんです。より隙間を少なくするために、お客様個人に合わせた、世界に一つだけのオーダーメイドマスクを製作することにしたんです」(前出・中河原氏)

 店頭販売しているのは、愛知県の中部国際空港と、名古屋市の東急ハンズのみなので、会社のHP上(https://nippon-clever-cojp.ssl-xserver.jp/lp/mask_01_lp.php)からネット注文するのがいい。

※女性セブン2015年3月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
7割の人がマスク使用法誤る 注意すべきは鼻の脇、頬、あご
メイクが崩れないマスクの選び方 メイクテクをざわちんが解説
北京市民 深刻な大気汚染に前衛的デザインのマスクで対抗する

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP