ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これは行くしか〜!天才絵師、伊藤若冲と与謝蕪村のゴールデンコンビの展覧会開催!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

尾形光琳亡き後の日本画の世界を生きた天才絵師、伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)と与謝蕪村(よさぶそん)の展覧会がいよいよ開催されますよ!

2015年03月18日(水)からサントリー美術館で開催される「生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村」は伊藤若冲と与謝蕪村という日本画界のゴールデンコンビ(いわゆるジャクソンコンビ)の生誕300年を記念して開催される展覧会。

そうなんです。若冲と蕪村は同い年なんです。若冲は京都、蕪村は大阪で生まれその後お互いが日本画界に大きな影響を与える人物となります。

象と鯨図屏風 伊藤若冲筆
展覧会では若冲と蕪村の代表作品を始め、新出作品も紹介されることになっています。展示構成もおもしろく若冲と蕪村が同い年という部分にフォーカスし、「40歳まで」「40代から50代にかけて」など年齢によって章が分けられたりもしていますね。

第1章 京都ルネッサンス
第2章 出発:40歳まで
第3章 画風の確立:40代から50代にかけて
第4章 新たな表現への挑戦
第5章 中国・朝鮮絵画からの影響
第6章 若冲・蕪村クロスロード:交差する交友関係
第7章 翁の時代

筆者の中では与謝蕪村は俳人としてのイメージが強かったのですが、重要文化財になっている鳶鴉図はとっても力強く、さらに蕪村は俳句の世界を絵に描き起こす「俳画」の創始者でもあるとのこと。

重要文化財 鳶・鴉図 与謝蕪村筆
Japaaanではこれまでに伊藤若冲の作品を幾つか紹介していますので若冲の凄さはみなさんも承知の通りだと思いますが、同じ時代を生きたもう一人の天才 与謝蕪村の作品も本展覧会では注目してみたいですね。

これまでにJapaaanが紹介した伊藤若冲の作品はこちらからどうぞ。ゆるカワすぎるお猿さんなんて最高ですよ。
伊藤若冲に関する記事

生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村

関連記事リンク(外部サイト)

これは行くしか〜!手塚治虫が描く"美女"に迫る「手塚治虫の美女画展」開催!
俳人として名高い与謝蕪村(よさぶそん)の「幻の水墨画」が92年ぶりに発見!
かわいさゆるキャラ級♪ 伊藤若冲の描くゾウさんのなんと愛らしいこと!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP