ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あまり知られていない『∀ガンダム』の秘密6選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

・あまり知られていない『∀ガンダム』の秘密6選
1. ウォドムは『Gガンダム』のネオジャパン製
アニメだけを見ていると絶対にわからないが、ディアナ・カウンターのモビルスーツ『ウォドム』の型番はJMA-0530である。JMAは『Gガンダム』のネオジャパン製を意味しており、『Gガンダム』に登場したファントマ(JMA-27T)の進化系といわれている。

2. 劇中にWガンダムが登場する
コールドスリープ(冷凍睡眠)から目覚めた、黒歴史の生き残りといわれているコレン・ナンダー。∀ガンダムの姿を見てWガンダムを思い出すシーンがある。ほんの一瞬なのでわかりにくいが、そのときコレンに浮かんだガンダムのイメージがWガンダムだった。

3. ナノマシンはDG細胞が進化したもの
∀ガンダムの月光蝶は、ナノマシンを地上に降らせて砂に変える超テクノロジー。『Gガンダム』時代のDG細胞が研究され続け、ナノマシンになったといわれている。かつて、ナノマシンでウイルスを振りまくテロ行為があったと歴史に残されており、『∀ガンダム』の時代には「DG細胞災害」と呼ばれている。

4. 西城秀樹が歌う『ターンAターン』は版権がややこしい
『∀ガンダム』の主題歌は『ターンAターン』というタイトルで、小林亜星が作曲し、西城秀樹が歌っている。シングルCDはキングレコードのスターチャイルドレーベルから発売されたものの、版権が複雑化しているらしく、オリジナルサントラックにはアニメ版の短い楽曲しか収録されておらず、iTunesなどのネット配信はされていない。

5. SDガンダムも発掘される予定だった
『∀ガンダム』はすべてのガンダムシリーズの最後に位置する作品であり、過去の作品はもちろんのこと、これから発表される新作ガンダムがあったとしても、『∀ガンダム』よりも過去の物語になる。当初、SDガンダムのモビルスーツも発掘される予定だったらしいが、途中で設定が変更となった。

6. 書籍『∀ガンダム全記録集』は3冊出るはずだった
講談社の書籍『∀ガンダム全記録集』は2巻まで販売されているが、実は3巻まで出る予定だった。あまりにも緻密で膨大なデータが掲載されているため、ガンダムファンの間で非常に高評価を得ているが、あまりにも売れなかったため3巻が未発売となった。2巻で終わってしまったため、内容も途中までとなっている。

詳細を読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/03/08/turna-gundam/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP