ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気急上昇中のモロッコ!旅好き女子が魅了される納得の理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Mikoko Tanabe「砂漠にラクダに、青の街。まるで異世界、モロッコへ」より

こんにちは! TRiPORTライターの小林香織です。

近年、旅好き女子の間で人気急上昇中のモロッコ。みなさんは、この国のことをどのくらい知っていますか? 公用語は主にアラビア語とベルベル語ですが、フランスの保護領だった歴史があるためフランス語も広く使われ、北部ではスペイン語も使われています。国教はイスラム教で国民の多くが信仰していますが、宗教は自由で、キリスト教やユダヤ教の教会も点在しています。

そんなアラブやヨーロッパの文化が入り混じるモロッコは、色とりどりのお宝雑貨や野菜をたっぷり使ったヘルシーな煮込み料理「タジン」など、女性の心を掴んで離さない魅力がたくさん詰まった国なのです。モロッコの中央部にあり「南方産の真珠」とも呼ばれる街「マラケシュ」は、旧市街地が世界遺産に登録されており、エキゾチックなムードが漂う活気溢れる観光都市として有名です。今回は、旅好き女子が魅了される理由がわかるような、おすすめの楽しみ方をご紹介します。

モロッコらしさ満載のジャマエルフナ広場

ジャマエルフナ広場は日中だとお店も少なく静かですが、夜になると一気に活気づき、猿回しや蛇つかいなどの大道芸人やたくさんの屋台が現れます。屋台のおすすめメニューは、フレッシュな生絞りオレンジジュース。安くておいしいと評判です。大道芸を見るのもおすすめですが、カメラを向けるとすかさずお金を請求されたり、頼んでいなくても腕をつかんでタトゥーを書いてくる人もいるので注意しましょう。

また、広場の周りにある屋上テラスから広場を一望してみると、屋台の灯りが作り出す幻想的な風景を見ることができます。人々の動きを眺めながら、ゆっくりと異国情緒を味わってみてください。

スークでは雑貨を値切ってGET

田島知華(たじはる)「 【見たらきっと行きたくなる!】今、モロッコが人気の理由♡」より

ジャマエルフナ広場と同じ旧市街のメディナにある市場「スーク」。ここはカードを使えるお店が少ないので、現金を用意してから出かけましょう。迷路のように道が入り組んでいるため、一度行ったお店に戻ろうと思っても辿りつけないことがあるようです。一期一会という気持ちでじっくりと吟味して、ぜひお気に入りの一品を手に入れてみてください。

スークでは、カゴバックやバブーシュと呼ばれるヤギ・羊・牛・ラクダの革や布を使って手作業で作られたモロッコ伝統の履物(写真参照)、オシャレなルームランプ、エキゾチックなスカーフなど、数多くの雑貨がひしめき合って並んでいます。一つ一つデザインが凝っているので思わず見とれてしまいそう!

値段の書いていない商品も多いので、お気に入りの一品を見つけたら店主と値段交渉をしてみましょう! カタコトの英語でも交渉することができるので、納得がいくまで値切りに挑戦してみるのも、ここでの買い物の醍醐味なのかもしれません。

タジン鍋とミントティーでモロッコを味わう

田島知華(たじはる) 「【見たらきっと行きたくなる!】今、モロッコが人気の理由♡」より

飲酒を禁止しているイスラム教の信者が多いモロッコでは、お茶文化が発達しており、日常的にミントティーを飲む習慣があります。あらかじめ温めたポットに緑茶・生のミント・砂糖をたっぷり入れ、そこに熱湯を注いで作ります。カフェやレストランで気軽に飲むことができるので、モロッコに来たら、ぜひ甘いミントティーを堪能してみてください。

また、香辛料で食材のうまみを引き出す調理法を用いるモロッコ料理は、あっさりとした味付けで日本人好みとも言われています。とんがり帽子のような三角の形をした鍋に、肉や魚と季節の野菜をたっぷり入れて煮込む「タジン」は、体に優しく女性にピッタリの料理。スパイス・ハーブ・オリーブオイルのみで味付けされており、素材の持ち味を楽しめます。

今回ご紹介した以外にも、砂漠や青い建物が立ち並ぶ美しい街として知られる「シャウエン」など、たくさんの魅力が溢れるモロッコ。知れば知るほど、何度も訪れたくなりそうですが、まずは雑貨と食からモロッコを楽しんでみてはいかがでしょうか?

(ライター:小林香織)
Photo by: 田島知華(たじはる) 「【見たらきっと行きたくなる!】今、モロッコが人気の理由♡

隅々まで行きたい、熱気あふれるエキゾチックな国「モロッコ」の5つの魅力

モロッコの旅行記

*Mikoko Tanabe「砂漠にラクダに、青の街。まるで異世界、モロッコへ
*田島知華(たじはる) 「【見たらきっと行きたくなる!】今、モロッコが人気の理由♡」
*Naoya Hata「サハラ砂漠に魅了されたモロッコ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP