ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

習近平氏 W杯優勝目指すサッカー改革を国の重要課題に掲げる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国の習近平・国家主席が最高責任者を務める中央改革全面深化指導小組(グループ)は2月28日、習氏が掲げる「中国の夢」実現のためには、サッカーの振興は不可欠として、「サッカーの全面改革方案」を会議の第1のテーマとして採択した。同グループは政治や経済、法制などの重要分野の改革を討議する場だけに、サッカー改革が議題に上るのは極めて異例。

 習氏のサッカー好きはよく知られており、その意向が強く働いているのは確実だが、ネット上では「サッカーよりも、下降気味の経済対策をもっとしっかりとすべきだ」との声が出ている。

 会議では「中国の夢」とサッカー改革の関連性について、「中国の夢を実現するには、中国がスポーツ強国になることと密接な関係がある。さらに、そのためには、サッカーが強くなることがスポーツ強国になる必然的な要求であり、中国の全国民がそれを熱望している」と説明している。

 国営新華社電などはサッカー改革の具体的な内容については触れていないが、習氏が会議で重要講話を行なったことを明らかにしており、サッカー改革についても言及したとみられる。

 習氏は会議の2日後の3月2日、北京を訪問中の英国のウィリアム王子と会談した際、サッカーについて触れ、「中国サッカーは英国を含む世界の強豪国に学びたい」と述べたうえで、中国サッカー・スーパーリーグと英国のプレミアリーグとの交流を通じて、中国サッカーが強くなることに期待を表明。ウィリアム王子も「多くの中国人選手がイングランド・プレミアリーグでプレーすることを期待している」と語り、交流に積極的な姿勢を示した。

 習氏は2009年10月にドイツを訪問した際、会見した製薬会社「バイエル」のヴエルナー・ヴェニング社長に、「サッカーのレベルアップには長い時間がかかっても、中国チームをワールドカップで優勝させることが私の夢だ」と語っており、この発言中の「私の夢」を「中国の夢」に置き換えれば、今回の「中国サッカーの全面改革方案」が習氏のイニシアチブで提案されたことは間違いないだろう。

 しかし、これについてネット上では「中国の夢を実現させるためには、サッカー改革よりも、もっと重要な改革があるはずだ。庶民が最も望んでいるのは所得格差の解消であり、環境汚染の解決だ。庶民の生活が上向いて住みよい社会ができれば、サッカーなんて自然に強くなるのではないか」との硬派な書き込みがみられている。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国次期トップ習近平氏 サッカーW杯優勝目指し日本を研究
元日本代表福西崇史が実体験踏まえ試合の観戦ポイント語る本
【日韓比較・スポーツ編】メダル数、歴代メジャーリーガー数他

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP