ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【世界の名言】時間の中に純粋に身を委ねることはときに必要

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Kimie Hagihara「ブダペストの建築巡り

「旅というものは、時間の中に純粋に身を委ねることだ」-福永武彦(日本の小説家)

「いま何時?」と聞かれたとき、太陽や空を見て判断する人は、ほとんどいないだろう。おそらく、ポケットの中に入っているケータイを見るか、「そうね大体ねー」とあの名曲の歌詞にのせておちゃらけながら返す人がほとんどなのではないだろうか。

7時になったら起き、12時になったらご飯を食べ、24時をまわったら布団に入る。時計を意識して、時間をコントロールしているつもりでも、気付けば時間にコントロールされているのかもしれない。

旅においても、時間の管理は大切だ。フライトの時間、チェックイン、時差…。しかし、旅というものは時間の中に純粋に身を委ねることだと言う人もいる。時間にコントロールされずに、太陽を見て、空を見て、時に身を委ねてゆっくり自分と向き合う時間を作ってもいいのかもしれない。少しだけケータイの電源を切って、時差ぼけを言い訳にして、自然の中で流れる時間をゆっくりと楽しんでみよう。

(ライター:八木彩香

*Kimie Hagihara「ブダペストの建築巡り

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP