ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【世界中で共感の嵐】人生最後の瞬間に、後悔してしまう「10のコト」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人間の人生は平均して「30,000日」しかないということをあなたは知っているだろうか?

毎日忙しく過ごしていると「生きているうちにこれがやりたい」って思っていることや、少し前に「これからはこうしよう」って決心したことを結構忘れてしまいがち。でもこのままずーっと走り続けて、人生最後の日が来てしまったら・・・?

そこで今回は、海外のサイトなどで話題になっている、人が最期に後悔するすることを紹介したい。やり直しのきかないタイミングでの後悔とあって、どこか胸に刺さるものがある。今日からちょっと、ライフスタイルを見直したくなるかも。

 

01.
もっと自分が生きたい人生を
生きればよかった

大切な人を思うあまり、世間体を気にしてしまって・・・いつからか自分が「こうしたい」と思う生き方ではなく、他人が「こうあるべき」って思っているであろう生き方になっていた。

02.
残業やお付き合いの毎日・・・
働きすぎなければよかった

朝早くに家を出て、あくせく働いた後に飲み会も。帰ってくるのは真夜中で、子供の寝顔に「ただいま」と言う毎日。もっといっぱい遊んであげたかったな。パートナーとの時間も、もっと大切にすればよかった。

03.
大切な友達と
一緒に過ごしておくべきだった

気がついたらずっと連絡を取っていない。最後に会ったのはいつだったかな。あの頃は毎日のようにたくさんおしゃべりしてたのに。

04.
直感に従えば良かった・・・


あなたはあなた。他の人と比べる必要はない。自分の道を歩む際に、他の人はどう思うだろうか?批判されないだろうか?気に入ってくれるだろうか?などと考えずに、自分のやりたいことに従っておけば良かった。

05.
もっと自分の世界を広げる
努力をすればよかった

年をとってから、自分の幅が小さくなっていることに気づいた。年を重ねれば重ねるほど、自分のコミュニティーが小さくなり、そして付き合う人間も限られてくる。だからこそ、進んで新しいコミュニティーに入って、自分の見たことのない世界や人にもっともっと触れればよかった。

06.
家を買わなければ良かった


常に人の感情は揺れ動くもの。海外にいきたくなったり、心機一転するために、都会に移りたくなったり、田舎に住みたくなったりするもの。一つの場所に縛られなければ良かった・・・

07.
怖がらずにもっと
リスクをとればよかった

今振り返ってみたら、あのときあそこで踏み切るべきだったのでは。なんで怖気づいてしまったんだろう。もしかしたら、今とは全然違った人生が待っていたのかも。

08.
健康なら何でもできるから
体を大事にすればよかった

忙しさにかまけて、まだ大丈夫だろうと思って、食事も運動も気にしていなかった。体調を崩して初めて、もっと若い頃からちゃんとしておくべきだったって気付いた。

09.
恥ずかしがらずに
「愛してる」って言えばよかった

自分よりも少し先に旅立っていったあの人、自分を見送ってくれる人。すごく大切なはずなのに、その思いを十分に伝えられていただろうか・・・?

10.
「明日からやろう」を
やめればよかった

何かをやろうと思いついても、ついつい億劫で、何も考えずに先送り。気がついたら旅立ちまではあとわずか。やり残したことがたくさんある気がする。

さて、計算してほしい。あなたの人生はいまの時点で何日たっただろうか?25歳なら、9125日過ぎている。残りの人生は、どのくらいあるだろうか?

Reference:Lifehack

関連記事リンク(外部サイト)

社会人3年目のあなたへ。人生をゼロから見つめ直す「11の質問」
真っすぐすぎる人程、実は悩んでしまう「10のコト」
【一人でできるもん!】超・独立系女子と付き合うべき15の理由

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP