ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

料理研究家・浜内千波さん 専門分野から編み出した夫操縦術

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 散らかしたら散らかしっぱなし。仕事、仕事で家庭や子育てを顧みない。プライドばかり高くて、すぐへそを曲げる…。とかく男は扱いにくいと、あきらめモードになっていませんか? 3組に1組の夫婦が離婚する時代、仕事を極めた賢妻である料理研究家・浜内千波さん(60才)に、専門分野から編み出した夫操縦テクニックを伺った。

 みかんやおまんじゅうは、いつも半分こ。お互い忙しくてほぼ深夜になるが、必ずふたりで夕食をする仲のよい浜内さん夫妻。「勇造くん」と浜内さんが呼ぶ夫・寺岡勇造さん(60才)は、CMプロデューサー。23才で知り合ってから共に歩み続け、今年でお互い還暦を迎える。

 「私たちは夫婦の食事時間をとても大切にしています。外食はせず、必ず私がつくります」と、浜内さん。

 深夜に帰宅した夫に「めし」と言われてムッとする妻たちも少なくないが、元気の源は食事であり、食べながら笑顔で会話することは尊いことだと浜内さんは続ける。

「私だって疲れたと思うことはありますが、夫が不健康な食事をして病気になるより、明日も元気でいてくれた方がいい。ですから、食事は野菜中心。サラダ、蒸す、煮る、炒める、スープの調理法から3品をつくって、お酒と会話を楽しみます」(浜内さん)

 そして、後片づけは夫の担当。食器を洗ってからシンク内も乾拭きして、布巾を洗って完了。当人は「別に苦ではないです」と言い、ティータイムにお茶をいれるのも夫の担当と、分業している。

「家事に価値を見いだせない男性も多いようですが、一度やってもらうと妻のありがたみがわかるはず。もちろん最初から上手にできる男性は少ないので、そこは忍耐が必要。手伝ってくれたら、感謝を言葉で伝えて。言葉って、本当に大切。常日頃でも“ごめんなさい”のひと言で、波風が立たずに、ことが丸く収まることだってありますから」(浜内さん)

 それにふたりで家事をすれば、コミュニケーションが生まれる。「あれとって」「これはどうする?」と、会話が生まれると、自然と仲よくなれるのだ。

 家庭内で嫌だと思うことは、夫にどんどん言った方がいいとも。

「夫が電気をつけっぱなしにしていたなら、遠慮せずに言います。“シニアだから忘れちゃうのよね”って、100%皮肉を込めて(笑い)」(浜内さん)

 それに対してご主人は、「怒ってもしょうがない。あうんの呼吸で“いい言葉見つけたな”って、かわします。けんかしてもなんの得もない。私たちの年代になると、お互いの性格もわかっているから、“ここまで言ったらダメ”の線でセーブし合わないと」

 男と女の考えは違うもの。闘っていたら疲れるばかり。一歩引いて、ことを収めるワザを持つことも夫婦円満の秘訣というわけだ。

「私はね、家事は価値あるものだと思うんです。成果が目に見えにくいので、お給料をいただけませんが、頑張った分の恩恵はもらわないと。バッグやアクセサリーの目に見えるものをお買いなさい、と言いたい。ごほうびがあると、また頑張れるでしょう。女ってそういうものよ。

 持ちつ持たれつの夫婦関係がバランスを保つのです。“欲しい物があるの”と、夫の好物を食卓に並べてお願いしたらいいんです」(浜内さん)

 そんな妻に、「妻がぼくの好きな料理をつくってくれるのは、うれしいもの。ぼくはグリーンピースご飯が出てくるとご機嫌になる。その手は効果ありますよ」と、勇造くんもうなずく。これが本当の“胃袋をつかむ”ということかもしれない。

※女性セブン2015年3月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
池内淳子さん 長門裕之の「僕と外泊した」を完全否定してた
『ガラスの仮面』美内氏 「そろそろ終わらせるかも(笑)」
池内淳子さん 三越の呉服売り場の「美人すぎるデパガ」時代

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP