ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

石坂浩二 人の声にある長調と短調を意識的に使い分けている

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 役者・石坂浩二といえば、金田一耕助や『なんでも鑑定団』での司会などの姿が思い浮かぶが、『渡る世間は鬼ばかり』でのナレーションの声を思い返す人も少なくない。名ナレーターとしても知られる石坂がナレーションについて語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。

 * * *
 石坂浩二といえば、名ナレーターとしても知られている。しかも、特撮ドラマ『ウルトラマン』、紀行ドキュメント『シルクロード』、ホームドラマ『渡る世間は鬼ばかり』と、扱ってきた作品は多岐にわたっている。

「発声というのを自分で随分と研究していたので、ナレーションという声だけの仕事はやっていて面白いですね。

 劇団四季の演出部にいたことがあるのですが、その時に浅利慶太さんから『役者は声が大事だ。声には良い声と悪い声がある。特に二枚目の役をやるなら、声は聞きやすくないとダメだ』と言われていました。

 それで、ボイストレーニングに通うことにしたんです。僕はそれまで割と高い声をしていました。ですから、音域を下げる練習を二年くらいやりましたね。その時の先生には『普段もその低い声で喋りなさい』と言われました。それで段々と下がってきました。

 そうやってボイストレーニングをしている時に、声にもメジャーの音、マイナーの音、つまり長調と短調があると知りました。喋りには流れがあるから、その流れがメジャーだったりマイナーだったりするわけです。たとえば宝塚の『ベルサイユのばら』のセリフの音は短調が多いんですよ。そういう違いを意識的に使い分けていけば、声そのものが武器になると思えました。これはナレーションだけでなく、劇のセリフでも使えますから。

 発声学の先生には見抜かれましたね。『その声は、作った声でしょう』って。『その顎の形からは、普通はその声は出ない』と言われた時は驚きました」

 特に『シルクロード』の時は喜多郎のオカリナの調べと石坂のナレーションが溶け合って、観る側を悠久の大地へ誘った。

「『シルクロード』の時はマイクロフォンをどれにするかというので、五本くらいテストしました。その時の音声の技師さんがオシロスコープを録ってくださって『あなたは普通の人よりいろんな種類の声が出ている。どれが本当の声ですか』と聞いてきたんです。

 それで『実は、これは作った声で……』と説明したら『やはりそうでしたか。それなら、普通のマイクロフォンでは一定の音域しか拾えないから、広く拾えるのにしましょう』と、大きなマイクを用意してくれたんです。だから、あれは生の声に近いと思いますよ。

 それから、音楽が良かったですね。ナレーションをやる時には『音楽を先に付けてください』と必ず申し上げています。音楽を後から付けると、僕の声との『調』が合わなくなるんです。人間も普通にしゃべっていると、誰でも『調』があります。それが音楽とぶつかってはいけない。

 ですから、『シルクロード』の時も音楽が全て入っている状況で録音しました。『調』を合わせながら、音域の間に声を入れていくような感じです。

 ナレーションというのは、音楽と微妙に合って、観ている人たちが聴きながらスーッと流れて消えていくようでないといけません。やっぱり残るのは映像であって、ナレーションが残ってはダメなんですよ」

●春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。映画史・時代劇研究家。本連載に大幅加筆した新刊『役者は一日にしてならず』(小学館刊)と『時代劇は死なず! 完全版』(河出文庫)の発売を記念して能村庸一氏(ドラマ『鬼平犯科帳』などのプロデューサー)と春日氏のトーク&サイン会を開催します。3月11日(水)19時~、紀伊國屋書店新宿本店にて。入場料700円。

※週刊ポスト2015年3月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
親孝行ビジネス 親子の歴史DVD制作サービスは36万7500円~
顎関節症から復帰の日テレ宮崎アナ 妙なところで評価あがる
日テレ逆転内定アナ 世間にアピールのため花形ポスト用意か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP