ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

店員の勘違いで釣り銭を多く受け取ったら、返金すべきなのか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年12月に奈良県のコンビニエンスストアで、店員の勘違いによってお釣りを受け取りすぎた男性が、その後詐欺罪で逮捕されるという事件があった。約14000円の買い物に15000円を出したところ、バイト店員が60000円を渡されたと勘違いし、46000円を渡したのだ。

 小銭単位の間違いぐらいなら経験がある人もいるだろうが、店員の勘違いでつり銭を多く受け取ったら、法律的に問題はあるのか? 弁護士の竹下正己氏が、こうした相談に対し回答する。

【相談】
 コンビニで1万1000円の公共料金を支払ったとき、店員が9000円のおつりをくれました。1万円札と1000円札を出したのに、1万円札を2枚受け取ったと勘違いしたようです。妻に自慢すると、それは詐欺だといわれました。落ち度は店員にあるのに、それでも返金しないと罪になりますか。

【回答】
 良い子ぶるのは恥ずかしくても、もらい過ぎがわかった以上、金額も大きいのですから、返金するのは当然のことでしょう。

 ともあれ、勘定を間違えた店員が、つり銭を渡そうとしたときに、その場で計算間違いに気が付いたのに受け取ってしまうと、刑法の詐欺罪に当たるかが問題になります。いわゆる「つり銭詐欺」です。

 詐欺とは、人を騙して金品をとることですが、この「騙す」とは、相手を誤解させ、その誤解に乗じることです。通常の場合、「誤解させる」ため、積極的に嘘をいうのが詐欺ですが、つり銭詐欺では、店員が間違うのであり、客がこの「嘘」をつくわけではありません。

 しかし、そうであっても、店員の間違いに気付いた以上、それを告知する義務(作為義務)があり、これをしないのは告知義務に違反しますし、不作為による詐欺行為であるという考えが有力です。

 ただし、それは契約関係などに基づいて、当事者間に特別の信頼関係がある場合のことで、買い物しただけの店との関係では、作為義務はないとする考え方もあり、この考えに立てば詐欺にはなりません。

 ですが、意思によらず無くしてしまった物を取ってしまう「占有離脱物横領」の罪が成立することになります。もっとも、家に帰ってから気が付いたとすれば、他人の物を取るという意識はなかったのですから、これらの罪には当たりません。

 ただ、認識いかんに拘わらず、あなたにもらい過ぎのおつりを保有する権利は、まったくありません。ばれたら、知らなかったと言い訳して通用するか心配ですし、店から返金請求を受ければ返す義務があります。

 防犯カメラなどで、あなたへのつり銭間違いが確認される可能性は否定できません。なにより店主から責任を追及される店員が気の毒ですし、急いで返すべきです。

【弁護士プロフィール】
◆竹下正己(たけした・まさみ):1946年、大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年、弁護士登録。

※週刊ポスト2015年3月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ベテラン書店員が綴る 出版・書店業界の現状に迫るエッセイ集
オレオレ詐欺 「オレオレ」と言われないからと騙される人も
大学のイベサーからオレオレ詐欺の頂点に立った男の実態ルポ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP