ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お風呂のスマホを便利にするエア枕

DATE:
  • ガジェット通信を≫


四六時中スマホを手放せない、たとえお風呂の中でも…。そんな人のために、お風呂でスマホを使うための防水ケースがいろいろと用意されています。

【もっと大きな画像や図表を見る】

しかし、防水とはいえ水没させるわけにはいきませんし、なにより見やすい角度を維持するためにスマホをずっと持っていなくてはなりません。同じ姿勢をとっていれば、腕も疲れてくるわけで、せっかくのリラックスタイムもこれでは価値が半減…。

そんな状況をクリアするのが、この『スマホ用エアバスピロー』。枕と、スマホを固定するためのアームがセットになった製品です。使う際は、枕とアームに空気を入れ膨らませ、スマホを付属の防水袋に入れれば準備OK(幅82mm×高さ160mmまでのスマホに対応)。防水袋はマジックテープでアームに固定でき、タテでも横でも好きな向きにセットできます。

アームは空気をパンパンに入れておく必要がありますが、アームと空気枕は別パーツとなっているため、枕部分はあえて空気量を抑えめにしておくなど、好みの硬さに調整可能。

また「バスピロー」ではありますが、お風呂だけでなく、部屋で寝ころんでスマホを見る時にも便利。さらにアームを外せば、通常の枕としても使用できます。枕とアームを合わせればけっこうな大きさですが、使わない時は、空気を抜けばコンパクトになるので収納にも場所をとりません。

穴があいてしまった時のために、修理用のパッチと接着剤が付属しているのも気がきいています。お風呂でのスマホ使用がはかどるこのグッズ。便利なのはいいですが、お湯につかりすぎてのぼせないようにご注意ください!
(のび@びた)
(R25編集部)

お風呂のスマホを便利にするエア枕はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

「お見合い風呂・風呂コン」が熱い
心拍計付きワイヤレス防滴イヤホン
花粉を洗い流す「鼻うがい」の方法
「愛犬と一緒に入れる温泉宿」5選
冬の冷え性を効率よく改善する方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP