ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワイドショーも注目 「数字持ってる」と業界絶賛の広瀬すず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、ドラマやCMのみならずワイドショースタッフも注目しているという広瀬すずをピックアップ。

 * * *
「広瀬すずは数字持ってるから、ちゃんとやったほうがいい」というコメントをドラマやCMのスタッフではなく、ワイドショーのプロデューサーが口にしたので驚いた。

 先ごろ、10社目となる「明星食品 一平ちゃん夜店の焼そば」のCMで話す博多弁がキュートだとワイドショーの芸能コーナーで取り上げられた広瀬すず。

 ワイドショーデビューは、2013年11月、あの山下達郎の名曲『クリスマス・イブ』のMVに牧瀬里穂がゲスト出演する…というネタのときだった。そのMVに主演していたのが広瀬すず。しかしワイドショーは、かつて宮沢りえ、観月ありさと共に「3M」と呼ばれたCM女王・牧瀬が、代表作・JR東海のCMソングでもあった『クリスマス・イブ』のMVにチョコッと出演するほうを大きく取り上げたのである。

 そんな広瀬すずにやっとスポットライトが当たったのは、昨年出演した「リクルート ゼクシィ」のCMだ。加藤ローサや倉科カナらを生んだ同CMの“7代目”としてワイドショーで紹介されたのだ。だが、ここでもネタの主役は加藤や倉科だったように思う。

 果たして、広瀬すずが、やっとメインで取り上げられたのが、佐々木希に代わって出演するようになった「ロッテ Fit’s」のCM。佐々木や佐藤健がキャラクターだった時代から出ていた渡辺直美との共演も話題になった。

「広瀬すずは数字持ってる」とワイドショースタッフに言われ出したのは、この頃からなので、つい最近のことである。

 広瀬すずは、姉の広瀬アリスと共に、『セブンティーン』で美人姉妹モデルとして名を売り、2013年4月期、SMAPの香取慎吾主演の『幽かな彼女』(フジテレビ系)でドラマデビューした。同作は、元中学校教師でユーレイ役の杏と、彼女が勤務していた中学校に赴任し、彼女のことが見えてしまう香取との恋を描いた作品だ。広瀬すずは、香取演じる教師が担任するクラスの生徒だったが、決して一番手ではなかったのである。ちなみに、同時期、日本テレビ系の『35才の高校生』で米倉涼子とクラスメートだったのが姉の広瀬アリスだった。

 そして、妹のすずは、2013年6月、同年のベストドラマに選ぶ専門家も多かった『激流~私を憶えていますか?~』(NHK)で国仲涼子の中学時代を演じた。立て続けにドラマで制服姿を披露したものの、同ドラマの主演は田中麗奈。つまり広瀬はまたしても、そうは目立っていなかったのである。

 その代わり、彼女が確実に知名度を上げていったのがCM界。2014年は姉の広瀬アリスと共演した「大塚食品 マッチピンク」がCM雑誌やマニアのあいだで話題となり、以降は、かつての武井咲のように、どんどん契約社数を増やしているという状態だ。

 今年の1月期はついに『学校のカイダン』(日本テレビ系)で主演も果たしたが、同作は「実は能年玲奈にオファーしていた」とウワサになったり、視聴率もいまひとつ奮わない。これは件の武井咲が言われていた「ドラマは当たらない」に似ているのかもしれない。

 だがデビュー時の武井は、CMのクリエイターたちからは「ものが違う」と絶賛されていたのである。現場で放つオーラが尋常ではなかったからだ。

 先日、「ゼクシィ」のCMを長年手がけている箭内道彦氏に広瀬すずについて聞いたところ、「(結婚情報誌のCMなのに)16才という彼女の年齢が気にならないと言ったら嘘になりますが、どうしても彼女以外には考えられなかった」「抜群の存在感とかわいさがある」と起用理由を教えてくれた。CM業界での広瀬すずは、やはり武井咲級の“もの”を持っていると賞賛されているのだった。

 そんな広瀬すずのことを、ワイドショーのメイン視聴者であるF2層(35~49才の女性)、F3層(50才~の女性)が、やっと認知したというワケだ。

 ワイドショーの芸能コーナーでは、“マル是”と呼ばれる、営業絡みの物件があるのだが、そうしたネタは制作現場では必ずしもウエルカムではない。が、「数字持ってる」広瀬すず出演のCMネタなら話は別。同年代だけではなく、F2&F3にも人気の広瀬すずが次にどんなCMに出るのか…。F3の私もおおいに楽しみだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
広瀬アリス CMで共演した実妹を見て「成長したな」と感じた
広瀬すず 初主演ドラマの視聴率に関係者が一喜一憂する事情
5~10年周期で短髪美女ブレイク 内田、上戸に続き広瀬すず

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。