ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米倉涼子 ドラマ次回作巡って各局が争奪戦、日テレリードか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 主演ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)第3弾が昨年放送のドラマで平均視聴率トップを記録した女優・米倉涼子(39才)。ドラマ界で今“失敗しない女”と評判の彼女の次回作を巡って、各局が争奪戦を繰り広げているという。

「今、名前だけで視聴率がとれる女優は数えるほどしかいませんが、彼女はそのひとり。米倉は『ドクターX』シリーズで人気を不動のものにしたと言っていい。各局とも、彼女を主演に据えてドラマを作りたいと“米倉詣で”をしていますよ」(テレビ局関係者)

 まず、動いたのはテレ朝だった。「打倒!日テレ!!」をスローガンに2015年度視聴率三冠王を狙う同局にとって、何としても実現したいのは『ドクターX』の第4弾だ。しかし…。

「テレ朝は、第4弾を今年の10月にやりたいと、第3弾放送直後から米倉サイドに打診をしていたんです。しかし、なかなかいい返事が返ってこなかったそうです。米倉の周辺が慎重になっているようです」(事情通)

 その理由を巡っては、トップ女優ならではの悩みを指摘する声が上がっている。

「シーズン4に出演すれば必ず視聴率が注目されます。これまで20%超えで評価されていたが、テレビ局からも視聴者からもそれでは満足してもらえなくなる。少しでも視聴率が落ちれば一気に叩かれてしまう。

 続編モノは当たって当然。だがドラマや映画などのシリーズモノは必ず視聴者にいつか飽きられる。既にトップ女優としての評価を得た米倉にとってシーズン4を受けることは、リスクにつながるんです」(芸能プロ関係者)

 テレ朝は劣勢の状況のようだ。では、次回作はどのテレビ局が有力なのか?

「日テレが最有力です。この春から、堺雅人を口説き落とし連ドラに出演させることに成功した同局が、企画力を武器に今度は米倉の主演作をやろうと動いているんです。なんでも、米倉が今までやったことのない料理界をテーマにした企画でヒットドラマを作ると提案しているとか。10月放送を狙っているようです。

 もうひとつ有力視されているのがフジテレビ。昨年8月にオンエアされた特別ドラマ『アウトバーン マル暴の女刑事・八神瑛子』のシリーズ化を狙っている。視聴率こそ10.8%だったが、フジはシリーズ化すれば大化けすると意気込んでるんです」(キー局編成関係者)

 米倉の「御意!」は、果たしてどのテレビ局に!?


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
米倉涼子 『家政婦のミタ』を見て“ヒット作には理由ある”
米倉涼子『ドクターX』第二弾の現場でも幸運の焼肉弁当配る
テレ朝の局内 遂に「神様、仏様、米倉涼子様」との声が出る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP