ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日テレ逆転内定アナ 世間にアピールのため花形ポスト用意か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 視聴率3冠奪還も目前──フジテレビと違って絶好調の日本テレビだが、女子アナたちは戦々恐々。理由はあの「超大型新人」だ。銀座のホステス経験を理由に、いったんは内定を取り消された笹崎里菜さん(22)が法廷闘争で“逆転内定”を勝ち取り、4月に入社する。日テレのスタッフがいう。
 
「“確実に数字を稼げる”と、笹崎さんを使いたがっているバラエティのプロデューサーは多い。日テレのアナウンス部は昔から“お局だらけでガチガチ頭”と揶揄されるほどだから簡単には実現しないでしょうが、不当な扱いをしていないと世間にアピールするためにも“花形ポスト”が用意されるとみている社員が多い。そうなると怖いのは女子アナたちの嫉妬。いいポストを与えられていないベテランは多いですからね」
 
 たとえば葉山エレーヌアナ(32)。離婚後も『スッキリ!!』のナレーションぐらいで、4月以降も目立った仕事はなさそうだ。
 
「自分が昔メインを張ってた『スッキリ!!』でナレーションだけというのは、忸怩たる思いのはず。カフェのある社屋16階でおしゃべりしている姿がよく目撃される。派手なので目立ってはいますが、ちょっと痛い(笑い)」(同前)

※週刊ポスト2015年3月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
石田エレーヌの「週末飲み会」は日テレ有数の合コンルート
巨人新人澤村と交際の日テレ森麻季アナに社内は歓迎ムード
テレ朝の宇賀なつみアナ 将来は局の看板背負う存在になるか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP