ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日ハム大谷翔平 金田正一氏に今季「20本塁打が目標」と語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本ハムのキャンプ地・名護市営球場に、投手として最多本塁打記録(38本。うち代打本塁打2本)を持つ“元祖二刀流”金田正一氏が降り立った。お目当ては二刀流・大谷翔平である。金田氏が、大谷に迫った。

金田:今季からワインドアップに変えたそうだな?

大谷:ハイ、もともとワインドアップで投げていたんですが、昨年の最初の頃にセットで投げるように変えたんです。僕は身長もそれなりに大きい(193cm)ですし、(大きな動きになると)キャッチャーの方にうまく方向付けができなかったので、最初から横を向いてある程度方向を決めて、小さい動きの中で投げようと思って始めました。安定してきたら戻そうと思っていたんです。

金田:頭のいい子じゃ、よ~く考えとる。

大谷:結局、昨年はシーズンの最後までセットでいったんですが、動きが小さくなりすぎてしまったところもありました。だから戻してみればどうなるか、試しているところなんです。

金田:セットなんか気まぐれにやればいいんじゃよ。プロ野球でちょこっと活躍した者として言わせてもらえばな……、あ、ワシ、野球がちょっとだけうまかったんだけどな。

大谷:いやいや(と苦笑)。

金田:投手は馬力に利用できるものは何でも利用しないといけない。それだけの体があって、ワインドアップで襲いかかってくるようなピッチングをされたら打者はたまらんと思うぞ。他にピッチングでこだわっているのはどんな点だ?

大谷:やはりスピードが僕の一番の売りなので、今よりもさらに伸ばしていきたいと思っています。

金田:だがスピードは数字で競争しても仕方がないぞ。いいカーブやフォークを持っているんだろ?

大谷:ハイ、いいかどうかは分かりませんが(笑い)。

金田:それならナンボでも相手にスピード感を与えることができる。存在感を増していくには、誰にも投げられないくらいのストレートを磨き、他の球種を使ってそれをさらに速く見せる投球術を身につけることじゃ。ときに、体のケアには気を配っているか?

大谷:僕には専門的な知識がないので、解剖学などにも通じたトレーナーの方に体の仕組みを解説してもらいながら、体の手入れのやり方を教わっています。

金田:どれ、ヒジを見せてみろ(と、ヒジや腕を触り始める)。うん、いいヒジだ。まだ曲がってないようだな。

大谷:真っ直ぐです。ヒジや肩はこれまで1回も痛くなったことはありません。

──ここでカネやんが、大谷の右手人差し指と中指の間にできたタコを発見。

金田:これはバッティングでできたタコだろう。

大谷:そうです。

金田:(眉をひそめて)投手をするにはこういったタコはピッチングの邪魔になる。気をつけないといかんぞ。これは右投げ左打ちの弊害でもあるんだ。左打ちだと利き腕で引っ張ろうとするから、どうしても右手にタコやマメができやすくなる。それが繊細なピッチングに悪影響を及ぼしかねん。ワシはタコやマメなんかできたことはないぞ。

大谷:(身を乗り出して)金田さんは左打ちですか?

金田:そうだ。ワシは左投げ右打ちだったが、高校の監督に左打ちに変えさせられた。これにはタコ以外にもう1つ理由がある。右打席だと利き腕(左腕)が投手に向き、死球で利き腕を故障する危険があるからだ。

大谷:僕は初めから右投げ左打ちだったんです。

金田:死球に対して、何か対応策は講じているか?

大谷:捻ったり、打ちにいくと手首のあたりが危ないので、メーカーの方にお願いして専用のガードを作ったりしています。

金田:それでも打者もやりたいのか。

大谷:ハイ、やりたいと思ってプロに入ってきたわけですから(とキッパリ)。昨年は初めて2桁のホームラン(10本)を打ったので、今年は20本を目標にしようと思います。打席数も昨年(234打席)より底上げしたいですね。

※週刊ポスト2015年3月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日ハム大谷翔平 元祖二刀流の金田正一氏と週刊ポストで対談
夜店のタコ焼きで世界最大のミズダコ使用 原価は50~60円
金田正一が苦言 江川卓の100球肩から球界に悪習が誕生した

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP