ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【世界中で大ブーム】1日15分!瞑想で得られる「6つのメリット」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

瞑想は人によって目的が違う。ストレスフリーになるため、健康を取り戻すため、自分を見つめるため・・・。

イチローや、ジョブズ、ビルゲイツなど、世界中の著名人も実践する瞑想。

今回は、海外メディアでも多く取り上げられている「瞑想によって得られる6つのメリット」をまとめた。ぜひ、参考にしてみてはいかがだろうか?

記憶力が良くなる

瞑想の習慣がある人の脳は、記憶力を司る海馬が大きくなるというデータがある。瞑想をすることで海馬が大きくなり、記憶力アップの効果や、記憶障害を防止する効果があるのだとか。Reference : my navi

ストレスが少なくなる


瞑想を続けている人は、高レベルのアルファ波が計測されるという結果を、マサチューセッツ工科大学とハーバード大学の神経科学者たち発表した。

アルファ波が増加するということは、脳内で緊張や怒り、悲しみなどが減少していることを示している。

一歩引いて自分のことを確認できる

自分自身を一歩引いた立場から観察することができる。もやもやと悩んでいることを、離れた視点から捉えることができる。空の上から自分を見るような感覚で、自分の今置かれている状況を俯瞰的に見ることができるのだ。仕事に行き詰まった時、俯瞰的に自分を見てみよう。

不眠の改善になる

ストレスは不眠の大きな原因だ。瞑想することによって、精神的にリラックスするようになる。するとストレスが解消され、それが不眠の解消につながるのだ。

寝る前にゆっくりと瞑想することで、精神的に落ち着きを取り戻し、ぐっすり眠れる効果があるのだ。

ポジティブ思考になる

ある調査では瞑想を続けるだけで、ネガティブな思考が減り、ポジティブな思考を得ることができると言っている。それも一週間、毎日続けただけで効果が出たとか。

細胞の老化を防止する

カナダのアルバータ州、トムベイカー・ガンセンターで行われた調査の結果で明らかになったことがある。ヨガをしているチームとしていないチームとでは、血液検査をした結果、染色体を構成する物質「テロメア」に違いが見られたことがわかった。

テロメアはヒモの様なもので、細胞分裂するたびにその長さが短くなっていく。分裂できるテロメアが減っていくことで、老化が進んでいくと言われている。

瞑想をしなかった患者は、瞑想をした患者に比べてテロメアが短くなっていることがわかった。反対に瞑想をしたグループでは、研究開始時のテロメアの長さを保時していた。つまり、瞑想が老化の予防につながっていたのだ。

 

あなたの人生にとって良いことづくめの瞑想。 1日15分からでもあなたの生活に、瞑想を取り入れてみてはいかがだろうか?

Reference:IFL science , MIT

関連記事リンク(外部サイト)

【朝イチでやりたい!】1日のはじまりを素敵にする「9つの習慣」
【見逃さないで!】隠れうつの人が発する小さな9つのサイン
あなたは食べる派?食べない派?「朝ごはん」は本当にカラダに良いのか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP