ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【新事実】メモを取る行為は、記憶力に悪影響と判明!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

メモを取っても、脳は記憶しない

カナダのマウント・セント・ヴィンセント大学が、人間の記憶力にまつわる興味深い研究を発表した。カードの場所を覚える「神経衰弱」をふたつのグループで行い、その成績を比較する実験だ。

Aグループは、紙に自由にメモを取ることを許されている(ただし書き込んだメモは後に没収される)。一方、Bグループはメモを取ることができない。そして実際に成績が高かったのは、メモを「取らない」グループだった。

 

photo by J E Theriot

人間の脳は「後から参照しよう」という気でいると、物事を記憶しなくなるのだそうだ。この作用は「グーグル効果」とも呼ばれている。

もちろんメモを取ることが悪いわけではない。しかし、まずは自分の頭で覚えようという意識や習慣づけこそが、記憶力に一番いいと言えるのかも知れない。

Reference:Splinger

関連記事リンク(外部サイト)

【これは、ヤバい♡】毎日、ひたすら「手紙」をビンに詰める彼氏。その驚きの使い道とは?
学生は今すぐ「ペンとノート」に持ち替えよう!アナログスタイルが勉強に効く、5つの理由
【あなたは大丈夫?】睡眠不足が招く「19のデメリット」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。