体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「人生に台本はない。その一瞬を生きろ!」Twitter創業者が、卒業式で語った熱いスピーチ

th_スクリーンショット 2015-03-06 19.52.21

その瞬間を生きろ!

ツイッターの共同創設者「Dick Costolo」氏がミシガン大学の卒業式で語ったスピーチが熱すぎる!コメディアンを志していた学生時代から、今や世界中の人々がコミュニケーションを交わすプラットフォームを創り出すまでの人生。冗談を交えながらも赤裸々に語る物語は、必聴!

1.学生時代の夢はコメディアン!
2.セリフなんてない!即興演劇で学んだこと
3.Twitterの成功は、誰にも予想できなかった
4.結果は、やってみないとわからない
5.大胆に決断し、その瞬間を生きて欲しい!

_SJP0471

お笑い芸人を目指してた!?

「まず、ツイートしてから始めましょう。ちょっと1枚写真とっていいですか?プロなので1秒で終わります」

会場笑い

「今朝起きて、スピーチの文章を考えている時に、9月に新入生としてキャンパスに入って最初の1ヶ月を思い出していました。学校のフットボールチームがシーズンでナンバーワンを勝ち取りました。学校中は大騒ぎでしたが、初めてウィスコンシンで闘った最初のゲームでは、21対14で負け。失望してかなり落ち込んだものです。

私にとっては昨日のことのようですが、大昔にあなたたちと同じ席にいた時、コンピューターサイエンスのクラスをとって・・・、要はオタクとして生きていました」

会場笑い

#21 :: 01/21/10 :: I program in my sleep.

「いくつかアートのクラスもとる必要があったので、1年生の1学期は、演劇のクラスをとりました。理由は宿題がでないこと、宿題がなければ、夜はオペレーティングシステムの勉強をしていられます。ただ、演劇のクラスは凄く楽しくて、2学期にはまた別の演劇のクラスをとりました。それで、今までやったことがないコメディアンとしてのステージも経験しました。

実は、コンピューターサイエンス学科で勉強しているときに、3つの企業からプログラマーとして働いてほしいとオファーをいただいていましたが、結果的にはシカゴに引っ越すことになりました。即興演劇の団体「セカンドシティ」に入って、有名になってやろうと思ったんです。

ドラマみたいに、音楽が聞こえる部屋で貧乏暮らしする中、有名ディレクターに声をかけられる・・・、みたいなことでレッドカーペットまでたどり着ければ良かったですがそうはいきません。

1日リハーサルして、小さな会場にタダで出演して、昼間は授業に出て、お金もないからアルバイトもして、大手チェーンで商品を梱包したり、売り場の準備をやっていました。下積み時代です。

シカゴで暮らした経験から伝えたいことが2つあります。

ディレクターが教えてくれたこと
「もっと大胆にやれば良い!」

ISC at Improv Boston

「コインランドリーの設定で即興演技を行っているステージを前に、セカンドシティのディレクターのドンデペロ先生が、みんなにこう尋ねました」

今、あのステージに何が見える?

「そこには何もないんです。特段説明するものは何もない空っぽのステージでした。先生はこう続けました」

今日みんなから集まったの劇の設定のアイデアは、アパートの部屋、コインランドリー、アパートの部屋、アパートの部屋、君たちは一体何を気にしてるんだ?

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。