体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【シェアな生活】あなたは電子書籍で”懐かしさ”を感じることができますか?――『ブックシェアカフェ』菅谷洋一氏インタビュー(3/4)

懐かしさってシェアできる?

お店作り、商品づくり、サービスづくりはこれまでお店側のやることだった。でもこのお店ではお客さんにそこまで参加してもらいたいという。参加できるところにはすべて参加できる。それがこれまでのサービスとちょっと違う気がする。そんな『ブックシェアカフェ』企画担当、菅谷洋一さんのインタビュー3回目です。前回はこちら。
※連載シリーズ『シェアな生活~共有・共感・共生がもたらす新しいライフスタイル』関連記事です。

登場人物
菅谷=菅谷洋一さん。『ブックシェアカフェ』企画担当。
深水=ききて。深水英一郎(ガジェット通信)

仕事にも使える?

●”ブックシェア”という業態をどう広げますか?

――深水:ちょっと話かわりますけど、ここって仕事にも使えますよね?

菅谷:使えます、使えます。

――深水:電源も無線LANも自由に使える。実際、「これ、シェアオフィスとして使えるわ」と気づいた人に毎日来られたらまわらなくなっちゃう?

菅谷:「満席の時は2時間まで」とかいくつかルールを作っているんで大丈夫かと思います。休日は満員が出るんですけど、平日は全然大丈夫だし、逆にまだまだ使ってもらったほうがいいです。キャパオーバーでも、実験という部分があるので、いろんなデータは欲しくて。月額2000円じゃなくて単価をもうちょっと上げたほうがよかったかもしれないし。いじりたいパラメーターはいっぱいあるんですよ。実際にやったからわかったこともすごく多いです。

――深水:『ブックシェアカフェ』に本以外にもいろんなアイテムが置いてあったら面白いなと思いました。

菅谷:アイテムを増やすとか、広さが必要なことはコストと比例しちゃうのでちょっと簡単には実現できないんですけど、複合施設の中のひとつのやり方としてはハマる可能性はあるかと思います。

高円寺と読書

――深水:「高円寺店」とありますが、どんどん展開するつもりは?

菅谷:どんどん、というのはないですけど。広げるつもりは……ここは専門店になりますけど、セルとかレンタルの複合化とか、違う業種へのラックジョビングとかで広げて行くとか、そっちのほうはあるだろうと思いますね。

――深水:ラックジョビング?

菅谷:流通や小売の用語なんですけども。店舗から一部の棚とか売り場を任されて運営する業態です。ここはブックシェアの専門店になっていますけども、セルやレンタルと一緒に「ブックシェア」って言うコーナーがあってもいいかと思いますし。あとは、たとえばフィットネスジムとかの一部のラックジョビングとしてやっていければなあとちょっと今思っています。ある程度の規模があった方が、SNSも面白くなりますし。

――深水:ブックシェアだけでチェーン化するというのは考えずにやってるんでしょうか。

菅谷:正直、専門店だときついなあと。ここは、民度の高いエリアというか、お客さんの反応も最初から良かったし。この「高円寺」という場所は、ライブハウスや古本屋が多かったりという文化がもともとあって、すんなり受け入れられた。この土地だからという部分も多いと思います。どこに行ってもできる業態じゃないかもしれないです。たとえば、僕は茨城出身なんですけども、地元でこの業態はなかなか難しいかなあ。お客さんにも発信力がないとお店が面白くなっていかない構造なので、やっぱり東京とか一部の場所でしか成立しないかなあ。

1 2 3次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。