ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2015 : 元HTC幹部が設立したスマートフォンスタートアップ「KAZAM」、厚さ5.5mmの薄型スマートフォン「Tornado 552L」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

元 HTC UK の幹部 2 人が設立したスマートフォンブランド「KAZAM」が、スペイン・バルセロナで行わえれた MWC 2015 イベントで同社にとっての新しいフラッグシップスマートフォン「Tornado 552L」を発表しました。Tornado 552L は厚さ 5.5mm のウルトラスリムなボディが特徴の 5.2 インチスマートフォン。Android 5.0(Lollipop)を標準搭載するほか、バッテリー容量が 10% を切っても 33 時間はもつとされる省電力機能を搭載しています。外観やスペックを見ると、おそらく、Gionee Elife S7 のリブランドモデルだと思います。このほか、5.5 インチ 1.920 × 1,080 ピクセルの AMOLED ディスプレイ、MediaTek MT6752 1.7GHz オクタコアプロセッサ、2GB RAM、16GB ROM、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 800 万画素カメラなどを搭載しており、LTE 通信やデュアル SIM にも対応しています。Tornado 552L の価格と発売時期は公表されていませんが、£290(約 52,800 円)ほどの価格帯で販売されると伝えられています。Source : KAZAM


(juggly.cn)記事関連リンク
Acer、4KディスプレイをサポートしたChromebox CXシリーズ上位モデル「CXI-i34GKM」を発表
Huaweiは6.8インチスマートフォンを開発中? 実機のスパイショットが流出
「HTC One M9 Plus」とされるHTCスマートフォンのスパイショットが流出、Duo Cameraではない?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP