ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人生は30,000日しかない。Dropbox創業者が卒業式で語った、人生で大切な「3つのコト」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドロップボックス社CEOのドリュー・ヒューストン。彼がMITの卒業式でスピーチした内容が多くの共感を呼んでいる。
学生時代から起業していた彼が、卒業間近の現役学生たちに向けて語った、人生で大切な3つのコト。
それは「テニスボール」と「刺激的な仲間」、そして「30,000」という数字だと言う。

テニスボールを探す
テニスボールの教訓は、人生に夢中になれるものを探すことが大事と教えてくれる。

刺激的な仲間を持つ
常に、まわりを刺激的な人たちに囲まれていることが大切だという。 環境があなたをつくる!

人生は、30,000日
人生は30,000日しかない。完璧な人生を追い求めていくのではなく、冒険ある人生を!

ここからは、彼のスピーチを見て欲しい。

 「テニスボール」を探す

人生でやりたいことを見つけるということは非常に難しいと思います。好きなことを見つけて仕事にする。このことは、いろんな人が言っていて、正直役に立たないと思います。

好きなことだけをやる人はたくさんいるが、やっていることに夢中になれる人は少ない。周りにいる多くの成功者は、やっていることに夢中になっている人でした。

犬が一番初めにテニスボールを見つけると、それを無我夢中で追いかけるますよね。それと同じように、自分が夢中になれるテニスボールを見つけることが大切なんです。

私にとって、学校の成績を追うことも、ゲーム(ポーカーボット)で一番になることも、夢中になれることではなかった。それよりも、自分の起業したビジネスをすることに四六時中、夢中になっていました。

とにかく努力する、頑張ることが大事なのではなく、あなたにとっての「テニスボール」を見つけることが大切なのです。

あなたが心の底から、本当に夢中になれるものを探し続けてください。

刺激的な仲間を持つ

環境が人を作ってくれる。アダムという同級生が起業しました。そのとき私も起業をしていたのですが、彼は立ち上げて2ヶ月で投資家を獲得し、その後すぐにITの聖地、シリコンバレーに移りました。そこでアダムは、誰でも知っているような有名人から投資をしてもらっていました。私の方が起業歴が長いのに、彼がどんどんと遠い存在になっていくのを感じました。その時、私は目が覚めました。

環境が人を変える。そして環境とはあなたの周りにいる人のことです。よくあなたの一番身近にいる5人の平均値が、あなたをつくると言います。だからこそ、刺激的な人たちに囲まれることは本当に大切なのです。

素晴らしい人がいたら、あなたの仲間に引き込みましょう。その仲間こそが、あなたを成長させてくれます。誰と住んでいるか、どこに住むのか?どんな人と仕事をするのか?自分にとって刺激的な環境をつくってください。

「30,000日」の人生を、
最高に冒険せよ

初めに、私はいままでいつだって準備オッケーだったことはありませんでした。学校ではなんでもかんでも準備を大切にしてきました。完璧な成績をとることが大切でした。でも、それは実は大切ではなかったんです。

ビル・ゲイツの最初の起業では、信号機を操作するサービスをつくりました。スティーブ・ジョブズは、無料通話ができるサービスをつくりましたが、どちらもさんざんな結果となりました。

今では偉大な二人も失敗をたくさんしています。大切なのは、準備に時間をかけて失敗しないようにすることではなく、挑戦していくことなのです。失敗なんてなにも問題じゃない。完璧な人生を求める必要はないのです。

ある時、パソコンを開いていたら、人間の人生は「30,000日」しかないと知りました。その時、すぐに計算機をつかって計算したところ、私はすでに「9000日」も過ぎていたんです。私は今まで一体何をやっていたのだろうか・・・と自分の愚かさに衝撃を受けました。

さて、あなたたちはすでに8000日が過ぎています。完璧に生きるのではなく、自分を解放して失敗を恐れずに、挑戦しましょう。

さぁ、みなさん。

「30,000日の人生を1日1日、最高に冒険しよう!」

Top Photo by Web Summit Reference:Youtube

関連記事リンク(外部サイト)

社会人3年目のあなたへ。人生をゼロから見つめ直す「11の質問」
思っている以上に、自分が幸せだと気づかせてくれる「9つの意外なサイン」
40歳になった私が気付いた、人生で大切にするべき「10のこと」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP