ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャスティン・ビーバー「僕は変わる」、自身の過去と成長を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャスティン・ビーバーが米男性誌『メンズ・ヘルス(Men’s Health)』4月号の表紙にて、“改革”と書かれた見出しの下でシャツを脱ぎ上半身をさらけ出した。最近、カルバン・クラインの広告でも割れた胸筋を披露したビーバーだが、同誌では自身の“成長”について語っている。

 ビーバーは記事の中で、「僕はものすごく早く成長しなければならなかった。僕個人には必要なかったのに、周りのみんなのためにね。関係を築いたり会話をするために、僕なりの方法でやらなければならなかったんだけど、実際に成長するなかで失敗したことは沢山あった」と話している。

 雰囲気がカッコイイという俳優のベン・アフレックに惚れ込んでいることも明かしているビーバー。ダークブラウンの髪色の女性が最も好きで、特にジーンズの半ズボンにタンクトップ、あるいはスパンデックス姿が好みのようだ。

 なお、ビーバーは「今年は僕にとって本当に大きな年なんだ、物事を理解することにおいてね。前の僕からは180度変わる感じさ。昨日……ちょうど1年前の昨日、僕は拘置所にいたんだ」と続けている。

関連記事リンク(外部サイト)

マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズ 米ビルボード・シングル・チャート9週目の首位に、エド・シーランは2位に停滞
ビッグ・ショーン 3rdアルバムで米ビルボード・アルバム・チャート初のNo.1を獲得
隠し子発覚のクリス・ブラウン、恋人からツイッターで別れ告げられる

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP