ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ケリー・クラークソンの新作がチャート上位に初登場する見込み

DATE:
  • ガジェット通信を≫
ケリー・クラークソンの新作がチャート上位に初登場する見込み

 ケリー・クラークソンのニューアルバム『ピース・バイ・ピース』が、次週の米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”の上位に初登場するであろうことが分かった。全米で3月3日にリリースされた同アルバムについて業界関係者は、3月8日までの週間でおよそ9万ユニット近くのセールスを記録するとみている。

 “Billboard 200”では、通常のアルバム・セールス枚数をはじめ、同じアルバムからの配信楽曲セールス数(TEA)およびストリーミング数(SEA)などを含む複数の測定基準に基づき、当週で最も人気のあったアルバムをランキング化している。“Billboard 200”チャートの最新版は現地時間3月11日に公開される。

 映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のサウンドトラックも有力であることから、クラークソンの初登場1位を断言するには時期尚早だ。3月1日締めの週では、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のサントラが10万8,000ユニット(前週から35%ダウン)を売り上げている。

 クラークソンは首位に初登場できなかったとしても、トップ10圏内スタートはほぼ確実だろう。これにより同ポップスターにとって同作は7つ目のトップ10アルバムとなる。これまでリリースしたスタジオ・アルバム全5作でトップ3を獲得しており、クリスマス・アルバム『ラップト・イン・レッド』も初登場および最高位3位を記録した。

 なお、次週の“Billboard 200”で特筆すべき他のアルバムは、ブランディ・カーライルの『The Firewatcher’s Daughter』(3万ユニット予想)、サード・デイの『Lead Us Back: Songs of Worship』(2万5,000ユニット)などだ。

関連記事リンク(外部サイト)

マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズ 米ビルボード・シングル・チャート9週目の首位に、エド・シーランは2位に停滞
ビッグ・ショーン 3rdアルバムで米ビルボード・アルバム・チャート初のNo.1を獲得
隠し子発覚のクリス・ブラウン、恋人からツイッターで別れ告げられる

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。