ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イチロー、稲葉、中村ノリ……球界バッティグセンターエピソード

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球ではオープン戦が始まり、いよいよ春の到来を感じる今日この頃。体がうずいてバッティングセンターに行きたくなる人も多いのではないだろうか? そこで、プロ野球選手にとっても「原点」であることが多いバッティングセンターにまつわるエピソードを、現役選手を中心に集めてみた。

◎イチロー、稲葉を生んだ「空港バッティング」

 日本で一番有名なバッティングセンター、といえば、愛知県西春日井郡にある「空港バッティング」になるだろうか。なぜなら、イチロー(マーリンズ)と稲葉篤紀(元ヤクルトほか)、日本を代表する大打者がここで少年時代にバットを振り込んでいたからだ。

 イチローは毎日のように通い詰めてバットを振り続けた結果、高校通算打率は5割を超えていたと言われ、日米で大記録を打ち立てる打撃スタイルを確立した。一方の稲葉は、イチローほどではないにせよ、折を見てはこのバッティングセンターに通った。また、プロ入り後もシーズンオフに帰省した際には、このバッティングセンターを訪ね、自分の原点を見つめ直していたという。

 2人が打ち込んでいたのは「空港バッティング」の8番ケージ。ある意味で、日本野球の聖地のひとつ、と言っても過言ではないはずだ。

◎戦力外とバッティングセンターと中村紀洋

 バッティングセンター通いで復活を果たした人物といえば、2013年に2000安打を達成した中村紀洋(元近鉄ほか)だ。これまでに何度も戦力外通告を受けながら、その都度、バッティングセンターで一人黙々と練習を重ね、いつか来るであろうオファーを待ち続けた。

 ただ、度重なるケガで手首にはもう5回もメスを入れている中村。握力は40キロを切り、バッティングセンターによく置いてあるグリップの細い小学生用バットを振ると、遠心力を手首が支えきれずバットが飛んでいった、という切ないバッティングセンターエピソードも残っている。

 昨季、DeNAを戦力外となってから、いまだに現役続行か引退かも明確になっていない中村。ひょっとして今頃、復活を目指してバッティングセンターに通っているのだろうか。

 スマホマガジン『週刊野球太郎』では、プロ野球開幕へ向けて、みどころや最新情報を随時更新中。また、センバツ開幕直前に、日本一可愛い高校野球マニア・乃木坂46の衛藤美彩さんが登場します! お楽しみに!

 『高校野球&ドラフト候補選手名鑑 for auスマートパス』では3月21日に開幕するセンバツ甲子園に出場する注目選手を詳しく解説! この選手名鑑は『週刊野球太郎 for ドコモSPモード』内にも新メニューとして追加しました!

 さらに新刊『野球太郎Special Edition プロ野球選手名鑑+ドラフト候補名鑑2015』は、高校、大学、社会人、独立リーグ、プロ合わせて1500名掲載の選手を紹介! 究極の日本野球選手名鑑です。

※リンクが表示されない場合は、http://yakyutaro.jp/をコピーしてアクセスしてください。
※『週刊野球太郎』はauスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードに対応、『高校野球&ドラフト候補選手名鑑』はauスマートパス、ドコモSPモードに対応しています。

■関連リンク
プロ野球界の節分珍エピソード
人生を左右するドラフト会議の実情
異色の選手名鑑の詳細に迫る

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP