ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「近視だと老眼にならない」はウソ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


日頃からパソコンやスマホをいじっているせいか、近視がどんどん進む…。着々と上がっていくコンタクトレンズの度数に焦りながらも、「近眼の人は老眼になりにくい」と耳にするから、視力のいい人より、老後は多少ラクできるのではないかと期待したりもする。

【もっと大きな画像や図表を見る】

でも、これって事実なのだろうか?

「いいえ、近眼の人が老眼になりにくいという事実はありません。近眼の人もそうでない人も、年をとれば同じように老眼は進んでいきますよ」(横浜相鉄ビル眼科医院の大高功先生)

これはショック! ということは、近眼の人は将来、老眼とのダブルパンチに悩まされるってこと!?

「そもそも老眼というのは、加齢により眼球の“調節機能”が弱まり、焦点が合わせにくくなる症状です。その原因はいまだ完全には解明されていないものの、一説には年齢とともに水晶体が硬くなっていくためとされます。個人差はありますが、30代前後ならすでに少しずつ症状は始まっていると考えていいでしょう」

大高先生によれば、目は近い位置で焦点を合わせようとするほど、大きな負担がかかるという。老眼になって調節機能が衰えると、本や新聞を目から離さなければ読みにくくなるのはそのためだ。

「ただし、誤解してはいけないのは、近眼というのは医学的には目が“悪く”なっているのではなく、近い距離に焦点が合わせやすいよう“適応”した状態であるということ。焦点が合う最も近い位置を『近点』と呼びますが、近眼の人はこの近点が目から近い位置にあり、視力が高い人は遠い位置にあるわけです」

今回の都市伝説が生まれた理由も、実はここにある。

「たとえば、ある近眼の人の近点が目から5cmの位置にあるとしたら、老眼によりそれが年々、10cm、15cmと遠ざかっていきます。これに対し、視力が高い人はもともと近点が遠いわけですから、同じペースで老眼が進んだとしても、近眼の人よりも近くが見えにくくなるのは当然ですよね」

つまり、近眼の人が後々、近い位置で物を見やすいのは事実ではあるわけだ。でも、だからといって老眼が進んでいないわけではないのである。
(友清 哲)
(R25編集部)

「近視だと老眼にならない」はウソはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

「緑を見ると目にいい」は誤解!
「魚の目玉は目に良い」は大間違い
若者とオジサンの分岐点は何歳?
度数調整も簡単!非常時用メガネ
近視矯正法オルソケラトロジーとは

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。