ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「菅原道真公千百年大祭」で湯島天満宮に献上 ありがたい和菓子「ふく梅」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月4日放送の「なないろ日和!」(テレビ東京系、毎週月~木曜午前9時28分)では「東京三大梅園ツアー」と題して、タレントの見栄晴さんが「つる瀬」(東京都文京区)を訪れた。

 湯島天満宮の近くにある1930(昭和5)年創業の和菓子店だ。店内には喫茶室があるので、その場でお店の味が楽しめる。名物の「ふく梅」(200円 税込み)は、2002年の「菅原道真公千百年大祭」で献上されたありがたい一品。湯島の歴史を感じる味で、梅干しが丸ごとのっている。

 「ふく梅」を食した見栄晴さんは「もっとあまい梅干しかと思ったら酸味のパンチが効いて、甘みと合う! ほのかにシソの香りが」とコメント。スタジオで試食した番組司会の香坂みゆきさんは「甘いあんことしょっぱい梅干しがいい感じですね。ほのかにシソの風味がする。お餅もすごくいい感じ、軟らかくて」と評した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:つる瀬(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:湯島のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カフェ・スイーツのお店紹介
ぐるなび検索:湯島×カフェ・スイーツのお店一覧
大正元年創業から受け継がれる秘伝のだし! 半熟卵の「トロトロ親子丼」
栃木県茂木町の名物 エゴマを使ったヘルシーメニューが味わえる喫茶店!

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP