ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【高橋歩インタビュー】第2回 本気の挑戦で超えた1回。それが全てだった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo: 堀和美

<やりたいことってなんですか?>

「1回を超える」 それが全て

―(堀江/以降:堀)自分の本当にやりたいことをやるために、考えるべきこと・できることは何だと思いますか?

(高橋さん/以降:高)自分のことで言えば、20歳まで普通に大学に行って、夢も見つからなくて、ピザーラでバイトしながら「俺の人生どーしよ」と思ってた。ちょっとやりたいなっていうことも色々あって、少しは頑張るんだけど、結局、本気では挑戦しなくて、「人生をすべてかけてやる」なんてことはなかった。

そんなときに、トムクルーズの映画(カクテル)を観て、「バーテンダーになって店出したい」っていう夢ができて、初めて本気でやってみたんだ。借金をかかえて大学やめて、実際やってみて本当に大変だった。だけど結果、うまくいったわけだ。それがもう全て

今までは、本を出しているような成功者はもともとすごいんだろうなって思ってた。俺みたいなフツーのやつじゃないし、自分には関係ないって思ってた。だけど、すごく普通の俺らでも、諦めないでやり続けたらできて。「やりたいことでメシ食えんじゃん」って思った。「そういう風に生きていいんだ」っていうのを体験できたし、自信がついた。それ以降はもう「やりたいことやっていれば、食っていけるよ」って思えるようになった。だからその1回を、超えることだよね。自分で分析するとそう思う。もちろん、全員にあてはまるかどうかはわからないけどね

何でも自由に選べるとしたら?

(高)「やりたいことをやって生きていきたい」とか言うけれど、本当にやりたいことって、本当はみんな、心ではわかってると思うんだよね。「それでは食っていけない」と勝手にインプットしちゃってるだけで。「何でもやれて、食えて、職業も自由に選べるとしたら? どんな生活してもいいとしたら?」って自分に問いかければ、「本当にやりたいこと」は、きっと出てくると思う。

常識的なことを壊してくれる実例に触れる

―(堀)踏み出す・踏み出さないで悩んでる人は多いと思います。歩さんがリスクをしょって自分の店を持つために動いたときと、そうでなかったときの明確な違いって何だと思いますか?

(高)なんだろうなぁ…。バーテンのアルバイトをしながら、いろいろ話を聞いていると、店をやるためには1000万も2000万もかかるとわかって。そのときは全くもって現実的な金額じゃなかった。だけどある時、「200万円で店やりました」っていう実例に出会うことができたんだ。そしたら急に現実的になって。しかも、「仲間4人で共同経営なら、車1台より安いんじゃねぇの? 200万なんて」って思ったんだよね。「それなら俺にもやれるかもしれない」って思える実例に触れられたっていうのが、一番でかいかもね。

だから俺も、トークライブでも本でも、なるべく現実的な話や仲間のことを紹介する。例えば、世界一周してるやつらも、結構みんな普通。俺自身も、「いまだに英語は話せないけど、ノリで行っちゃったよー」って、かっこつけないで言うと「あっ、世界一周って行っちゃっていいんだ!」って思える。そんな常識的なことを壊してくれる実例に触れたのが、俺にとっては大きなことだったかな。

別に死ぬわけじゃない

(高)「3年後に店出します」より、「来月オープンしちゃうんだよね」とか、「出したけどつぶれちったよ、先月」みたいなやつのほうが、飲んでても面白いし、そういうやつのところにみんな寄ってくるよね。「じゃ、次こうやってみよう」とか、そういう前向きでポップな雰囲気のやつらが、いつも集まっているよ。口で言っているだけじゃめんどくさいから、「やっちゃおうぜ! やりながら考えようぜ!」みたいなノリ。うまくいかなくたって、別に死ぬわけじゃないしね。

(次回に続く…)

【高橋歩インタビュー】第1回 旅で、自分がぶっ壊れるような体験をして、「マジ、なんでもアリだなぁ」って感じたい。

(ライター:Yoko Fujie)
Photo by: Amazon Japan

★「高橋歩の旅」に、もっと触れるために……


FAMILY GYPSY

気の向くままに、家族で世界を放浪した、約4年間のファミリージプシーデイズ。
旅中に撮った膨大な写真と綴ったメモと向き合い、世界中の路上で生まれた言葉と写真を集めて創った、約4年間の旅の集大成。

★「高橋歩の考え方」に、もっと触れるために……


自由人の脳みそ

仕事も 夢も 遊びも、自由に、自分の好きなように楽しむための38の考え方。
思考の癖を変えれば、人生は劇的に面白くなる。
自由人・高橋歩の『シンプル=パワフル』思考術!

 

高橋歩 プロフィール
1972年東京生まれ。自由人。
20歳の時、映画「カクテル」に憧れ、大学を中退し、仲間とアメリカンバー「ROCKWELL’S」を開店。2年間で4店舗に広がる。
23歳の時、すべての店を仲間に譲り、プータローに。自伝を出すために、出版社「サンクチュアリ出版」を設立。自伝 『毎日が冒険』をはじめ、数々のベストセラーを世に送り出す。
26歳の時、愛する彼女・さやかと結婚。出版社を仲間に譲り、すべての肩書きをリセットし、再びプータローに。結婚式3日後から、妻とふたりで世界一周の旅へ。約2年間で、南極から北極まで世界数十ヶ国を放浪の末、帰国。2001年、沖縄へ移住。音楽と冒険とアートの溢れる自給自足のネイチャービレッジ「ビーチロックビレッジ」を創り上げる。
同時に、作家活動 を続けながら、東京、ニューヨークにて、自らの出版社を設立したり、東京、福島、ニューヨーク、バリ島、インド、ジャマイカで、レストランバー&ゲストハウスを開店したり、インド、ジャマイカで、現地の貧しい子供たちのためのフリースクールを開校するなど、世界中で、ジャンルにとらわれない活動を展開。
2008年、結婚10周年を記念し、家族4人でキャンピングカーに乗り、世界一周の旅に出発。
2011年、東日本大震災を受けて、旅を一時中断。宮城県石巻市に入り、ボランティアビレッジを立ち上げ、2万人以上の人々を受け入れながら、復興支援活動を展開。現在も、石巻市・福島市を中心に、様々なプロジェクトを進行中。
2013年、約4年間に渡る家族での世界一周の旅を終え、ハワイ・ビッグアイランドへ移住。現在、著作の累計部数は200万部を超え、英語圏諸国、韓国、台湾など、海外でも広く出版されている。
[official web site] AYUMU CHANNEL

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP