ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スパガ後藤彩の卒業公演は予測不能のアクシデントに大爆笑、残る11人の今後は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫
スパガ後藤彩の卒業公演は予測不能のアクシデントに大爆笑、残る11人の今後は?

 3月1日に品川インターシティホールでSUPER☆GiRLS 後藤彩の卒業公演【SUPER☆GiRLS Special ONE day ~Thank you 510~】が開催され、涙と笑いにあふれた感動のラストステージが展開された。

他のメンバーのソロカットや感動のアンコール写真など計50枚

 2010年の結成以来、オリジナルメンバーとして活動してきた後藤彩は、年始のワンマンライブでチームの卒業と芸能界の引退を発表。約5年に渡ったSUPER☆GiRLSの活動を締めくくる最後のライブイベントとして開催されたのが、この【SUPER☆GiRLS Special ONE day ~Thank you 510~】だ。

 公演前には記者会見も行われ、「第2章のSUPER☆GiRLS 12人としてはラストなので、最後まで全力で楽しみたいと思います!」と気合を見せていた後藤だが、最後はどのような姿でファンに別れを告げるのか。

<涙はあるものの笑顔の絶えないラストステージ>

 イベントは1部と2部で計1500人のファンが集結。後藤の門出を華々しく祝うため、入口には会場の天井まで届かんばかりに大きなオレンジ色のデコレーションフラワースタンドが用意された。これは彼女の超絶カラー(=イメージカラー)マンダリンオレンジに合わせたのだろう。

 図書館にいる後藤が本を開くオープニングムービーからスタートしたライブは、いつもであれば最初に前島亜美が宣誓を行うが、この日は特別に後藤彩が宣誓を担当。明るい笑顔でこの日を全力でまっとうすることを誓うと、「花道!!ア~ンビシャス」「女子力←パラダイス」とハッピーなサウンドが弾けるアッパーチューンを畳みかけていく。

 後藤が参加するユニット曲や、生ピアノ伴奏での合唱「Dear~未来の地図~」(1部)「約束の花束」(2部)、彼女との日々を振り返るトーク企画などなど。中盤は卒業公演ならではの演出が数多く配されていたが、明るく奔放で、リーダーの志村理佳と共に“OBK姉妹”なる異名を持つほどのおバカっぷりを誇る彼女だ。涙はあるものの湿っぽい空気ではなく、笑顔の絶えないステージになっていたのが非常に好印象だった。

<ハイライトはアンコール「笑顔の羽根」でのアクシデント>

 そんな後藤の人柄が全面に表出され、誰も想像し得なかったサプライズに会場が沸いたのが、2部のアンコール時。最後に12人で「笑顔の羽根」を歌うシーンだ。

 後藤が、曲の間奏で一人ひとりにメッセージを贈り始めたのだが、あまりにもたついた結果、途中で間奏が終わって次のサビメロに。慌てた彼女が「まだ続きま~す……」と苦笑いし、ステージ上から客席スタッフ関係者まで会場中が騒然した後に大爆笑する一幕があったのだ。

 「ちょっとぉ……」と呆気に取られる田中美麗や、涙でグシャグシャのまま嬉しそうに微笑んだ溝手るかを尻目に、「家で練習した時は尺に収まっていた」と弁明する後藤。彼女にしか生み出せないこの空気感は同公演のハイライトであり、後藤彩がアイドルの卒業公演の歴史にいびつな爪あとを残した瞬間でもある。SUPER☆GiRLSにとびっきりの笑顔と元気を与え続けてきた彼女は、最後の最後まで自分らしさを貫き通してファンに別れを告げたのだった。

<本を抜き取る新たな女性……。SUPER☆GiRLSの今後は?>

 全演目が終了した後は、後方に設置されていた12色のフラッグの中から、マンダリンオレンジの一本を引き抜き、後藤はひとりでステージを去っていった。その後、ステージ後部のスクリーンに、彼女が図書館の棚に戻した本を抜き取る女性の映像が映し出されて、後藤彩の卒業公演は幕を下ろした。

 次の展開を予見させるエンディングは気になる所だが、SUPER☆GiRLSは以後も留まることなく精力的な活動が続いていく。今週末3月7、8日には東京で握手会と撮影会を実施、翌週末の14日にはAKIBAカルチャーズ劇場にてイベントを開催し、4月29日にはNHKホールで【iDOL Streetカーニバル】を。さらに5月からは5周年を記念したツアーがあり、6月20日にTOKYO DOME CITY HALLでワンマン公演を行うことも決定している。

撮影:杉岡祐樹

◎【SUPER☆GiRLS Special ONE day ~Thank you 510~】
2015/03/01(日) at 品川インターシティホール
セットリスト:
[1部]
01.花道!!ア~ンビシャス
02.女子力←パラダイス
03.キラ・ピュア・POWER!
04.年下の男の子
05.Dear~未来の地図~
06.絆デイズ
07.赤い情熱
08.ギラギラRevolution
09.飛行機雲、いつか
10.NIJIIROスター☆
11.がんばって 青春
12.EveryBody JUMP!!
13.MAX!乙女心
En1.ときめき色の風とキミ
En2.みらくるが止まンないっ!

[2部]
01.花道!!ア~ンビシャス
02.女子力←パラダイス
03.1,000,000☆スマイル
04.シェルターなんかいらない
05.約束の花束
06.絆デイズ
07.赤い情熱
08.ギラギラRevolution
09.夢の引力
10.EveryBody JUMP!!
11.プリプリ■SUMMERキッス
12.MAX!乙女心
En1.ときめき色の風とキミ
En2.笑顔の羽根
En3.Be with you

◎SUPER☆GiRLS イベント情報
【12th Single「ギラギラRevolution」発売記念 「個別握手会」】
3月7日(土)、8日(日) サンライズビル(東京)
【12th Single「ギラギラRevolution」発売記念 「グループ別撮影会」】
3月8日(日) サンライズビル(東京)
【SUPER☆GiRLSの超絶アドベンチャー! presents「超アド☆感謝祭2015」】
3月14日(土) AKIBAカルチャーズ劇場
【iDOL Streetカーニバル】
4月29日(水・祝) NHKホール
【SUPER☆GiRLS LIVE 2015 5周年記念TOUR(仮)】
5月5日(火・祝) 大阪サンケイホールブリーゼ
Vol.1 開場 12:30 / 開演 13:00
Vol.2 開場 17:30 / 開演 18:00
5月6日(水・祝) 名古屋 青少年文化センター(アートピア)
Vol.1 開場 12:30 / 開演 13:00
Vol.2 開場 17:30 / 開演 18:00
【@JAM 2015 Day1 supported by Pigoo】
5月30日(土) Zepp DiverCity(TOKYO)
【@JAM 2015 Day2 supported byリスアニ!TV】
5月31日(日) Zepp DiverCity(TOKYO)
【SUPER☆GiRLS単独公演】
6月20日(土) TOKYO DOME CITY HALL

関連記事リンク(外部サイト)

SUPER☆GiRLSの後藤彩 卒業~引退を選んだ約5年のアイドル活動を語る
【密着レポ】 SUPER☆GiRLSがTBS『はやチャン!』で生歌唱、アイドル界初の公認検定も
苦境の3周年迎えたチキパ、変革は島崎莉乃の一言から?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。