ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Kiroro×仲宗根泉による異色ユニット さんご、新曲「いのちのリレー」初披露

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Kiroro×仲宗根泉による異色ユニット さんご、新曲「いのちのリレー」初披露

沖縄を代表するアーティストであり、母親であるKiroroの玉城千春、金城綾乃とHYの仲宗根泉によるユニット、さんご。この沖縄の「珊瑚」と「産後」「3人」をかけた異色ユニットが 3月5日、まさに“サンゴの日”に東京・池袋サンシャインシティで3月5日~3月8日開催される「サンゴの日記念 沖縄まつり in サンシャインシティ」のオープニングセレモニーで新曲「いのちのリレー」を初披露した。

12:00から始まったイベントは、沖縄コンベンションビュ-ローの会長とミス沖縄の面々の挨拶から始まり、MCからの呼びかけから、会場の噴水と共にKiroroの2人、玉城千春と金城綾乃が 約1000人集まるサンシャインシティ噴水広場ステージに登場、沖縄の方言で玉城が挨拶をすると、往年のヒット曲「長い間」を披露。取材関係者の前に出るのは約7年振りで、まったく色褪せない歌声で会場を優しく包んだ。続くサンゴの日にかけ「サンゴの唄」、そしてこれからの卒業シーズンの定番曲「Best Friend」を披露。

歌唱後、ステージにHY仲宗根泉が呼び込まれ、「先輩なのではじめは遠慮していたけど、見たままにおおらかで優しい。初めてと思えないくらいすごく楽しかった」と語り、5月27日にリリースとなる「いのちのリレー」を初披露した。金城は「戦後70年。平和のありがたさ、普通に生活できることの感謝を、多くの人と共有したい」と語り、ライブイベントは終了した。

さんごの新曲「いのちのリレー」は作詞・作曲ともに3人が担当し、プロデュースは亀田誠治が担当している。同曲はNHK沖縄の戦後70周年のテーマ曲にも採用。戦争を生き抜いて命をつないでくれた先人への感謝と、受け継がれた命の重みを胸に、子供たちにも元気で生きてほしいという思いが込められている。

セットリスト
Kiroro
M1: 長い間
M2:サンゴの唄
M3: Best Friend
さんご
M1: いのちのリレー

リリース情報
さんご
「いのちのリレー」
2015年5月27日発売予定

関連リンク

HY OFFICIAL SITEhttp://hy-road.net
HY Facebookhttp://www.facebook.com/hyroad.hy
HY Twitterhttps://twitter.com/hy_road

Kiroro オフィシャルサイトhttp://www.victormusicarts.jp/kiroro/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。