ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

甲子園大会 本塁打数で清原和博1人に負けている富山県代表勢

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高校野球は地域ごとに特性があるから面白い。週刊ポスト増刊『プロ野球&甲子園 甦る伝説』では、地方予選でこれまで起こった「大番狂わせ」を47都道府県で徹底網羅、特集した。高校野球史に詳しい森岡浩氏が、富山、奈良、愛知の高校野球マル秘情報を解説する。

●本塁打で清原1人に負けている富山
 富山県勢が甲子園で打ったホームランは春夏合わせて9本。最初は1939年の高岡商と古いが、2本目はそれから23年後の1962年。2012年に富山工の荒城英治選手が打ったのは同県代表9年ぶりのホームランだった。ちなみにPL学園の清原和博が打ったホームランは計13本。

●なぜか奈良は神奈川に勝てなかった
 1960年に御所工が法政二高に敗れて以来、2001年に智弁学園が桐光学園に敗れるまで、奈良県勢は神奈川県勢と対戦して11連敗を喫していた。2011年に智弁学園が9―4で横浜を下して、12戦目でようやく初勝利をあげた。

●愛知は甲子園で県大会をやった?
 戦前は日本を代表する強豪県で、特にセンバツでは圧倒的な強さを誇った。センバツに2校以上出場することも珍しくなく、1937年には一度に4校が出場。1933年、1937年、1938年、1941年と4度の同県対決が実現している。

※週刊ポスト2015年3月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高校野球トリビア 「私立の代表」一度も出場ない徳島県など
夏の甲子園 学校別通算勝利数の1位は愛知の中京大中京76勝
大砲嫌うアマ球界指導者 つなぐ野球で結果残し自らの職守る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP