ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大谷翔平 金田正一氏に勝利目標を問われ「20勝」と言い直す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 那覇から車で1時間。日本ハムのキャンプ地・名護市営球場に、“球界の黄門様”こと金田正一氏が降り立った。お目当ては二刀流・大谷翔平である。

「ワシは投手として最多本塁打記録(38本。うち代打本塁打2本)を持つ“元祖二刀流”じゃ。敬遠も8回されとる。ワシがしっかり大谷の実力を見極めてやろう」と語る金田氏が早速、大谷に迫った。

金田:おおーっ、大きいなあ。身長はナンボあるんだ?(と、184センチのカネやんが下から見上げる)

大谷:193です。

金田:この人(自分を指差す)のことを知っとるか?

大谷:もちろんです。テレビで拝見していますし、白黒映像ですが、投げているシーンも何度か……。アイシングをしていたので、お待たせしてしまってすみませんでした。

金田:いい青年だ。しかしなぜアイシングをするの?

大谷:小さい頃からやっていたので。気休めの部分があるかもしれませんが、翌日が楽なんです。やらないと落ち着かないというか。

金田:ワシはアイシングには絶対反対なんだよ。体は決して冷やしてはいけない。ワシが冷やさずにどのくらいのイニングを投げてきたのかは知っているか?

大谷:すみません、分かりません。

金田:(取材場所にいた球団広報に声をかけて)広報さん、一度資料を見せてやってくれんか。20年で5526イニングじゃ。多い時は年間400イニング投げた。

大谷:そうなんですか……(と驚きの表情)。

金田:ま、自慢はいいか(苦笑)。開幕投手に指名されたんだってな。

大谷:はい。やりたいという気持ちはありましたが、こんなに早く言われるとは思っていませんでした。

金田:この人の現役時代は、指名されると侮辱だったのよ。わかるか?

大谷:え?

金田:開幕投手はやるのが当たり前なんだ。

大谷(深く頷く)

金田:大谷君も、それぐらい大きなピッチャーにならなくちゃ。

大谷:そうですね。

金田:……ワシが一方的に喋っているが、読者のために喋ってくれや、頼むでオイ!(笑い)

大谷:アハハハハ!(爆笑)すみません。昨年やっと1年間ローテーションを守って投げさせてもらっただけで、今年もできる保証はないですが、憧れの開幕投手に指名していただいたのはとても嬉しく思っています。吉川(光夫)さんをはじめ、先輩投手がたくさんいらっしゃる中で……。

金田:そんなもの関係ない。キミがチームを乗っ取ってしまえばよろしい。

大谷:ええーっ!?(笑い)

金田:ズバリ、今年の目標は何勝だ?

大谷:15勝です。昨年は11勝だったので今年は飛躍したいと思っています。

金田:だったら20勝と言いなさい。そんな大きな体をして小さなことを言わず、もっと大ボラを吹けばいいのよ。上を見なさい、上を。なぜ400勝を追い抜くと言わんのだ。

大谷:(苦笑しながら)さすがにそれは……。いきなり400勝は厳しいです。やっぱり段階を踏まないと。

金田:若いのに冷静じゃな。最初の段階はどこに置く?

大谷:やはり20勝ですね。

金田:よし約束しよう。20勝したら御馳走してあげよう。フグは好きか?

大谷:フグ刺しは食べたことがないんです。

金田:分かった、それでいこう。約束したぞ!

大谷:(勢いに押されて)ハイ、お願いします!

※週刊ポスト2015年3月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
MLBでワシが活躍したら「マサイチ・カネダ賞」あったと金田氏
金田正一の苦手は吉田義男のみ 桑田真澄は和田、宮本、井端
金田正一 球速と制球どちらが大事?に「バカな質問するな」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。