ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「キッチン」が見えると、料理がおいしく感じると判明!

DATE:
  • ガジェット通信を≫
rethink03_14

お母さんがごはんを作っている姿を見ていると、なんだかワクワクする。しかも、調理するプロセスを見ていた時の方が、いつもよりおいしそうな感じがする。それって、ちゃんとした理由があるんです。

ハーバードビジネススクール(Harvard Business School)とユニバーシティーカレッジ・ロンドン(University College London,UCL)が行った、ガラス越しにキッチンが見えるレストランと、見えないレストランでは、どちらの方が美味しく感じるかという実験。それによると、キッチンが見えるレストランの方が、料理の味の評価が17%も高くなりました。

rethink

このような結果が出た理由は、キッチンが見えることで、お客さんの心の中で、シェフへの感謝の気持ちや安心感が増したからだ、と推測されています。山の頂上で食べるおにぎりや、皆で囲んで食べる鍋が最高に美味しく感じた経験ってみなさんありますよね。色が綺麗とか、ニオイが素晴らしいとか、味覚とは別の要素でも味の評価は変化するんです。

そして、今回の実験で料理が出来るプロセスを見ることが、味覚に良い影響を及ぼすことがわかりました。オープンキッチンってお洒落なだけじゃなくて、食事を美味しく魅せる効果まであるんですね。

free paper

関連記事リンク(外部サイト)

日本でも流行する!?いつでも引っ越し可能な、コンテナハウスに建築家が注目するワケ
【衝撃の事実】世界の3人に1人が「トイレ」のない生活を送っている

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。