ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

劇場版『虐殺器官』『ハーモニー』今秋全国ロードショー決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「Project-Itoh」公式サイトより
急逝したSF作家・[[伊藤計劃]]さんの小説『[[虐殺器官]]』『[[ハーモニー]]』の劇場アニメ作品の全国ロードショーが2015年秋に決定した。

また、『虐殺器官』『ハーモニー』のコミックスが、それぞれ「月刊ニュータイプ」にて5月号から同時連載を開始することが分かった。4月号(3月10日発売)ではコミックス連載に先駆けて、それぞれのメインキャラクターのイラストが解禁される。

劇場版『虐殺器官』『ハーモニー』で描かれる未来

『虐殺器官』『ハーモニー』はそれぞれ[[早川書房]]から刊行されたSF小説作品。

小説家の伊藤計劃さんが執筆し、その哲学的・思弁的なテーマと多くのSF作品を引用しつつ構成された重厚さと、確かなエンターテイメント性によって、既存のSF読者以外をも巻き込み、わずかに残された作品は『[[SFマガジン]]』にて、日本SFのベストに数えられている。

「Project itoh」劇場特報


伊藤計劃さんの死後も「[[Project-Itoh]]」として、書籍刊行やコミカライズ、そして劇場版アニメの制作が発表されていた。

アニメ化にあたり、キャラクター原案には新装版の文庫で装画を担当したイラストレーターの[[redjuice]]さんが参加。また、「[[ノイタミナ]]」の山本幸治さんがチーフプロデューサーとして企画を束ねる。

また、現段階では正式な公開時期は発表されていないものの、伊藤計劃さんの絶筆『[[屍者の帝国]]』も劇場アニメ化が行われる。『屍者の帝国』は、伊藤計劃さんのデビュー当時からの盟友で、SF作家の[[円城塔]]さんが書き継ぐ形で完成した作品。

いやが応でも期待が高まる、日本の文芸史的にみても重要な作品の映像化であるだけに、続報を楽しみに待ちたい。

引用元

劇場版『虐殺器官』『ハーモニー』今秋全国ロードショー決定

関連記事

伊藤計劃『虐殺器官』『ハーモニー』 redjuiceによる新装版刊行
感情を組み込むマークアップ言語「EmotionML」正式採用 『ハーモニー』の世界が現実に?
円城塔、「フィリップ・K・ディック賞」特別賞受賞 伊藤計劃に続く快挙

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP