ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

劇速な動画圧縮ボード『WinFast PxVC1100』にTMPGEncのバンドル版が登場!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Leadtek Research Inc.(リードテック)から発売中の高速・高性能画像処理カード『WinFast PxVC1100』に、あのTMPGEncのバンドル版が登場しました。
動画エンコードの需要が高まっている昨今、「最強タッグの登場では?」と各方面で話題になっています。

『WinFast PxVC1100』は「SpursEngine」を搭載した、PCI-Express ×1対応の高性能画像処理カード。昨年末に登場したものの、当時は製品付属のDVD Movie Writerでのみ動作確認されていたため、対応アプリケーションの登場が待ち望まれていました。

こちらのエンコード結果を見てもらえるとお分かりのように、『WinFast PxVC1100』を用いたときのスピードはまさに劇速。

※計測は2008年12月のものです。
動作マシン:AMD Athron64 +3000(シングルコア 1.8GHz, 1MB L2)/メインメモリ2GB
比較用ソフトウェアエンコードにはTMPGEnc4.0通常版(当時は非対応)とDVD Movie Writer(SpursEngine無効状態)を使用しました。


※比較表が見られない方はこちらをどうぞ。

特筆すべきはHD時のH.264変換の速さ。
ここに画質・パフォーマンスで既に非常に定評のあるTMPGEncのテクノロジが加わる事で、一体どんな事になるのか、非常に楽しみです。

このボードに使われている、「SpursEngine」には、「SPE(Synergistic Processor Element)」と呼ばれるプロセッサコアが4基搭載されています。実はこのプロセッサ、IBM、ソニーグループ、東芝が共同で開発した次世代プロセッサである「Cell Broadband Engine」のテクノロジが使われているのです。Cellと言えば、あのPS3の主要部品なのでご存知の方も多いかもしれません。

気になる価格はオープンプライスですが、3万円前後の店頭価格が予想されています。
カードの価格が市場価格2万6000円~3万円ですので、このバンドル版、かなりお買い得かもしれませんよ。
対応OSはWindows XP/Vistaです。販売開始は2009年4月中旬の予定。要チェック!
記事元はこちら。

■関連記事
lenovo(レノボ)から常識を覆す2画面ノートパソコンが登場 『ThinkPad W700ds』レビュー
lenovo(レノボ)より発売中の高スペックネットブック『IdeaPad S10e』レビュー
iPhone&iPod touch版アプリ『Skype』徹底レビュー
マウスコンピューター ノートパソコン『m-Book P660S2』ベンチマークレビュー
マウスコンピューター ノートパソコン「m-Book P660S2」レビュー

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
オサダコウジの記事一覧をみる ▶

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。