ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Jolla、OnePlus One上でSalfish OSの動作に成功、移植手順を近日公開予定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フィンランドのモバイル OS / 端末メーカー Jolla の関係者 Martin Brook 氏が CyanogenMod スマートフォン「OnePlus One」上で、同社の Salfish OS が動かすことに成功したと Twitter で報告していました。Twitter の投稿には OnePlus One で Salfish OS が動作しているところを撮影した写真も添付されており、Salfish OS 特有のリーフ型アイコンや単一のホーム画面に表示される最大 4 つのタスクなどを確認することができます。明らかに Salfish OS が動作しています。Martin Brook 氏は、現在スペインバルセロナで行われている MWC 2015 イベントから戻りしだい OnePlus One への移植手順を公開するとしています。Sailfish OS は、MeeGo の開発を行っていた元 Nokia 社員らによって作成された Linux ベースのオープンソース OS です。美しい UI とスワイプジェスチャーによる簡単な操作性、Android アプリの動作も標準でサポートしているところが特徴です。MWC 2015 で同社は 5 月に発売予定の Jolla Tablet に搭載される Salfish OS 2.0 のデモも披露しています。Sailfish OS は既に Nexus 4 などの Android スマートフォンでも動作させることが可能となっており、OS イメージも公開されているので誰でも再現できます。今回の OnePlus One への移植もその取り組みの延長とみられます。Source : Martin Brook(Twitter)


(juggly.cn)記事関連リンク
セキュリティアプリのAvast、Android向けにメモリ解放アプリ「GrimeFighter」と節電アプリ「Battery Saver」をリリース
LG G3がGSMAの選ぶベストスマートフォン賞を受賞、Moto 360やMoto E、ZTE Smart Projectorも受賞
HTC、「HTC One E9」シリーズを開発中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP