ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ラー油肉そばのお店でおそばをガッツリと! 東新宿の“なぜ蕎麦にラー油を入れるのか”に行ってみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

nazesoba03

街を歩いていると、時折「おっ?」と思うような看板に出会うことがある。以前、池袋を歩いていたときに「カレーは飲み物」なる看板を見て「おっ?」と思ったのだが、今回、某大手ゲームメーカーの本社近くの東新宿を歩いていて「おっ?」と思った。

なぜ蕎麦にラー油
を入れるのか

と書かれた看板。なんかデジャヴを感じながらふらっと入店。足元には「ラー油 Ready?」と書かれた立て看板。“ラー油肉そば”のお店らしい。

お話を聞いてみると、“カレーは飲み物”系列のフランチャイズだそうで、なるほど納得。池袋にも同じ看板のお店があるそうだ。

とりあえずその“肉そば”をオーダー。大中小、いずれも780円。

nazesoba01

超コシの強いそばの麺に、ラー油の浮いた丼に入ったそばダレのつけ汁。おそばというよりつけ麺な感じである。肉もたっぷり入っているがこれがまた美味い。大を頼んだので麺の量もかなりのボリューム。

とはいえ、生卵とサクサクの揚げ玉が無料サービスとなっており、こちらを途中で混ぜると味も変わり、逐次追加するとこれがまたいいアクセントとなる。最後まで飽きることなく麺を食した後は、セルフサービスのそば湯をつけ汁に入れ魚粉をパラりとふりかけ、シメに飲んで満足満腹。

nazesoba02

別の日に訪問した際、今度は“とろろ鶏そば”をオーダーしたが、こらまたトロロが絶妙にそばにからみあって格別の美味さ! ゴロっとした鶏肉もいい感じであった。

nazesoba03

そしてまたまた別の日には“鶏南蛮そば”を。キャベツがドカッとのったその佇まい、二郎系のラーメンを想起させるようなガッツリ系となっている。なんか食べても食べてもそばがなくならない錯覚に陥った次第。とはいえそばでありアブラがコッテリというわけでもないなので、完食後に胃がもたれるということはなかった。

「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか」

なかなかに哲学的な問いかけであるが、その答えを探すために今後も食べに行ってみようと思っている次第である。

カテゴリー : グルメ タグ :
Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。