ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米・研究が発表】年齢によってここまで違った。あなたのベストな睡眠時間は〇時間!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

健康にも美容にも、仕事効率にだって大事だと言われる「睡眠」。では実際、どのくらい寝るのがベストなのだろうか?

そんなかねてからの疑問をスッキリさせてくれるような報告書が、2015年1月に非営利団体・国立睡眠財団によって「Sleep Health Journal」に掲載された。

この研究には、睡眠の専門家はもちろん、解剖学、生物学、神経学、小児科、婦人科、老年学といった幅広い分野の専門家が加勢してくれた。冠動脈疾患リスクや糖尿病リスクとの関連性、脳の機能性などから、ベストな睡眠時間は「年齢による」ということが正式に発表されたのだ。

報告は以下の通りだ。

年代別!
1日あたりの推奨睡眠時間

新生児(0~3か月): 14-17時間
乳幼児(4~11か月): 12-15時間
幼児(1~2歳):  11-14時間
未就学児童(3~5歳): 10-13時間
学齢児童(6~13歳):  9-11時間
10代(14~17歳):  8-10時間
若年成人(18~25歳):  7-9時間
成人(26~64歳:) 7-9時間
高齢者(65歳以上): 7-8時間

このように専門家が集まり研究が行われ、科学文献として発表されたのは初めてだという。数時間の幅があるのは、体力や環境によっても個人差があるためだとか。

国立睡眠財団のCEOは、「この推奨睡眠時間は、健康管理をする上で役立てて欲しい」と述べた。

私は5時間睡眠がベスト!なんていう方も多いかもしれないが、実は身体が悲鳴をあげていないだろうか。忙しい中でもベストな睡眠時間を確保することで、たくさんのメリットが得られるかもしれない。

Top photo by reynermedia/ Reference:sleephealthjournal

 

関連記事リンク(外部サイト)

【科学的に実証】寝る前の呪文が大事!起きたい時間に、アラームなしで起きる驚きの方法
英・睡眠評論家が語る。寝る時のポーズで、性格が分かる「寝相診断」
【超簡単!】朝が苦手な人へ。スッキリ目覚められる「9つの裏ワザ」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP