ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホームレスに配るピザ代をお客が支払う店 「エレガントな飢え対策」への連帯呼びかけ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

英語でpay backと言えば「借りを返す」というような意味ですが、pay it forwardという言い方もあります。「恩送り」とでも訳せばいいのでしょうか。人から受けた恩を直接その人に返すのではなく、別の人に送るということです。

これを実践しているレストランのひとつに、米国フィラデルフィアの「ローザのピザ」があります。CNNニュースがレポートしています。(文:夢野響子)
10か月で9000枚のピザが無料でまかなわれる

「ローザのピザ」は、これまでホームレスの人々に何千枚ものピザを無料で配ってきました。この店にピザを食べにくる顧客が、自主的に余分のピザ1枚分の代金を先払いしていくからです。オーナーのメイソン・ワークマンは、きっかけをこう説明します。

「ある日、ピザを食べに来た人が、1枚分余計に払っていったんだ。ピザを買うお金のない人用にって。同じようにしてこの10か月で、9000枚のピザが無料でホームレスにまかなわれた。もちろんホームレスのコミュニティは、ありがたく思っているよ」

「ローザのピザ」の店内には、壁はもちろんペットボトルの冷蔵庫の側面やカウンターにも、色とりどりの付せんが所せましと貼られています。実にカラフルです。近づいてみると、先払いしていく人がホームレスに向けて書き置いていったことが分かります。

「助け合おう」
「あなたのことを気にかけている」
「神の恵みがあるように」

店内にいた女性は「自分用にピザを1枚、それからホームレス用に1枚。社会に恩返ししたいもの」と動機を語ります。メイソンが「これはクールだね」と言って指差したメモには「Eat up & Don’t give up (とにかく食べて、諦めるんじゃない)」と書かれていました。
壁のメッセージで「心を温められる」のが最高

彼は、自分の母親の名前を付けたこのレストランを経営するために、元の仕事を退職しました。彼はこれを「エレガントな飢え対策」と呼んでいます。

「国内には数えきれない数のレストランがあるんだから、食べる物のない人にすぐ食べ物を供給することができる。みんながこの方法を実行すれば、飢えの問題なんてすぐに解決できるんだから、これを他のレストランにも受け入れてほしい」

壁に貼られた紫色のメモにぎっしり書き込まれた文字を、指で追いながら読んでいるのは、ホームレスのマイケル・ロドリゲス。そこには「あなたたちが感じていることは、私には想像もつかないんだろうと思うと、申し訳なく思います」と書かれています。

マイケルのような人には、ここの温かいピザと壁に貼られた言葉が支えです。彼は「この店に来て、大好物のピザをタダで食べられるだけじゃなく、壁のメッセージで心を温められるところが最高だ」と言います。

彼が指差す別のメモには、「私も以前あなたの立場にいたの。神を信じて、正しいことをしなさい。あなたにも奇跡が起こることを信じて。ただそれには時間がかかるのよ」という言葉が、たくさんのハートマークに縁どられて書かれていました。

(参照)Paying it forward with pizza (CNN Money)

あわせてよみたい:ホームレスはもらった100ドルをどう使うのか?
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP