体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東北の民話・オシラサマがモチーフ!? 不思議系ブランド『pays des fees』新コレクションがとことんガーリー [オタ女]

umanohanayome_01

東京・中野ブロードウェイにショップを構える不思議系ブランド『pays des fees』(ペイデフェ)が、2015年コレクション「馬の花嫁」を発表。2015年3月6日から8日まで受注会が予定されており、10000円以上の購入した人を対象にノベルティとして12ページフルカラーのルックブックが用意されています。

前コレクション「ヤドクガエル」から一気にガーリーに振り切った今回のコレクション。デザイナーりむさんの故郷の岩手に伝わるオシラサマの民話をモチーフにしています。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://otajo.jp/46080 [リンク]

umanohanayome_04

東北で伝わるオシラサマの馬娘婚姻譚。ある農家の娘が飼い馬を愛して夫婦になってしまうのですが、それを知り激怒した父親に馬が殺されて首をはねられてしまいます。娘はその首にまたがると、そのまま空へと昇っていってしまったといいます。

「馬と恋をしてついには夫婦になって、はねられた首に乗って飛んでいってしまうという少女の自由奔放さ。それが今回のテーマにぴったりだな、と思いました」(りむさん)

umanohanayome_02

「馬の花嫁」と題したアイテムとしては、ポロシャツとワンピース、スカートがラインナップ。

「オシラサマに登場する少女は能動的に行動しているところも素敵です。私はこの少女にどうしても画家の竹久夢二のモデルのお葉(永井兼代)を思い起こしてしまうのですが、夢二とお葉のような関係ではなく、少女は父性と決別して欲しいんです」(りむさん)

umanohanayome_03

また、ブランド立ち上げから10周年ということもあり、『pays des fées chipie』(ペイデフェ シピ)というラインをスタート。「馬の花嫁」ワンピースとスカートは『chipie』からの発表となっています。素材や製法、デザインにこだわった自由奔放な大人向けのアイテムとなっているとのこと。

「今までは私自身が少女だったわけですけれど、女児を子育てしていて、少女というものが俯瞰的に見れるようになった。ほんとうの少女はドロドロしている部分もあるけれど、もう自分が少女じゃないから、少女という概念に対して夢を見れるんです」(りむさん)

umanohanayome_05

『chipie』からはコルセットも発表。『ペイデフェ』らしい花柄ゴブラン生地のクラシカルなデザインです。

「丈が短いので、ベルト感覚でカジュアルに着けてほしいですね」(りむさん)

umanohanayome_06
1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。